皮下脂肪の"密度"が内臓脂肪に関連、女性は糖尿病リスクが10倍に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0748043-2.jpg

皮下脂肪は密度も病気のリスクに! (shutterstock.com)

 体重が増えると気になるのが、お腹やお尻、太腿まわりにたっぷりとついた皮下脂肪。体脂肪計で測るたびに、その数値を目にしてはため息をつく人も多いだろう。余計な脂肪がつくと容姿がパッとしなくなるだけでなく、メタボによる生活習慣病病も気がかりなところだ。

 さて、この皮下脂肪は、ため込んだ「量」だけではなく「密度」も健康上のリスク要因になることがわかった。先月、米国国立心肺血液研究所(NHLBI)の研究グループが、内分泌と肥満に関する専門誌『ジャーナル・オブ・エンドクリノロジー・アンド・メタボリズム』で報告した。皮下脂肪の密度が高いと、男性では内臓脂肪の割合が上がり、女性では糖尿病や高血圧のリスクが高くなるという。

落ちやすい内臓脂肪、頑固な皮下脂肪

 ご存じのように、体脂肪には「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2タイプがある。皮下脂肪は、おなかや太ももなどの皮膚の下にある皮下組織に蓄積する細胞で、体温を保ったり、衝撃から身を守ったりする。外側からつまめるため、厚さを測ることによって肥満度を測定することが可能。皮下脂肪型肥満になると外見的にもたるんだ体型になるため、ダイエットを決心させる脂肪と言っていい。

 一方、内臓脂肪は腹腔内の内臓の周りに蓄積した脂肪で、手でつまむことはできない。内臓を正しい位置に保ち、クッションになって保護したりする役割をしているが、つきすぎると皮下脂肪よりもずっと危険な存在になる。血糖値と血圧の上昇、中性脂肪の増加、血管の損傷が進み、糖尿病、高血圧症、心臓病や動脈硬化など、あらゆる生活習慣病の発症リスクに深く関わるからだ。

 ただし、内臓脂肪は血行のよい内臓周りについているので、蓄積も早いが減るのも早い。食事制限や運動によるダイエットで、効果が得られやすい。それに対して皮下脂肪は、代謝が悪いため分解されにくく、いちど付くと減らすことが難しい。皮下脂肪がつきやすい女性にとって、悩みのタネだ。

皮下脂肪の"密度"と疾病リスクに相関

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔