「ダイエット」の記事一覧

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?

あなたが「よし、ダイエットしよう!」と決心する、いちばんの動機は何だろう? 純粋に自分の健康のためだけにストイックになれる人もいるだろう。でもやはり、「見た目が美しくなりたい」、「若々しくなりたい」というモチベーションこそが、多くの人にとって、つらい食事制限や運動を頑張る原…続きを読む

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

女子フィギュアスケート、元世界女王・浅田真央さんの“肉体改造”が話題となっている。10月3日の「ジャパンオープン」、553日ぶりにリンクに戻ってきた“真央スマイル”。その一方で注目を浴びたのは、マッチョに変身したその肉体。代名詞のトリプルアクセルを軽々と決めるその演技が、…続きを読む

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。…続きを読む

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆