「ダイエット」の記事一覧

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?

あなたが「よし、ダイエットしよう!」と決心する、いちばんの動機は何だろう? 純粋に自分の健康のためだけにストイックになれる人もいるだろう。でもやはり、「見た目が美しくなりたい」、「若々しくなりたい」というモチベーションこそが、多くの人にとって、つらい食事制限や運動を頑張る原…続きを読む

「痩せてキレイになったね」……一体、何kg減量すれば気づいてもらえるの?

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

女子フィギュアスケート、元世界女王・浅田真央さんの“肉体改造”が話題となっている。10月3日の「ジャパンオープン」、553日ぶりにリンクに戻ってきた“真央スマイル”。その一方で注目を浴びたのは、マッチョに変身したその肉体。代名詞のトリプルアクセルを軽々と決めるその演技が、…続きを読む

浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。…続きを読む

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛