「ダイエット」の記事一覧

人工甘味料、ダイエット飲料で「脳卒中」や「認知症」の発症リスクが3倍に!?

少しでも体重は減らしたいけれども、清涼飲料類をいっさい口にしない生活というのも自分的にはありえない。そんな人にとってダイエット飲料の登場は「救世主降臨」とさえ思えたことだろう。 が、「ダイエット」が謳われていても、人工甘味料入り飲料を1日1杯飲んでいると、週1回未満の頻…続きを読む

人工甘味料、ダイエット飲料で「脳卒中」や「認知症」の発症リスクが3倍に!?

ジューシング、ココナッツオイル、グルテンフリー……流行の「健康食ダイエット」の落し穴

バターコーヒー、チアシード、糖質制限、腸活ダイエット……。「健康になれる」「美しく痩せられる」とされる食事法は、流行のファッションのように次々と目新しいものが登場し、メディアを賑わせる。 日本のみならず世界で流行するダイエットの多くは、アメリカが発信地だ。特に、女優やモ…続きを読む

ジューシング、ココナッツオイル、グルテンフリー……流行の「健康食ダイエット」の落し穴

「糖質制限」で代謝が健康的に!米国糖尿病協会オススメの低糖質おやつとは?

日本ではこの数年、<炭水化物を制限した食事>が有効なダイエット法だとして、広く認知されてきた。 アメリカの糖尿病学会では2013年、糖尿病の食事療法を見直し、従来までの「カロリー制限」から「糖質制限」に舵を切り直した。糖尿病患者には炭水化物の制限が勧められているのだ。…続きを読む

「糖質制限」で代謝が健康的に!米国糖尿病協会オススメの低糖質おやつとは?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇