「ダイエット」の記事一覧

親の“情け”が肥満児を食べすぎに走らせる!? 家族の「肥満」を正しく認識するには……

親が「子どもの体重」に対していだく印象(=認識)と、その実状の間には微妙にして複雑な隔たりが存在するようだ。 過日、スウェーデンで開催された「欧州肥満サミット」で、興味ぶかい2つの報告が行なわれた。その似て非なる研究成果を紹介しよう。 いずれも児童の肥満問題に取り…続きを読む

親の“情け”が肥満児を食べすぎに走らせる!? 家族の「肥満」を正しく認識するには……

高齢出産で「腰椎骨折」が増加~授乳と母体のカルシウムの関係とは?

4月中旬、インド北部ハイヤナ州の医療施設で「自称70歳」(施設側の推定年齢72歳)の女性が、第一子を産んで話題を呼んだ。 インド国内の複数メディアによると、出産したのは、北部のアムリツァル在住で79歳の夫と結婚40年超の暮らしを続けるダルジンダル・コールさん。 夫婦…続きを読む

高齢出産で「腰椎骨折」が増加~授乳と母体のカルシウムの関係とは?

渡辺信幸医師インタビュー 肉・卵・チーズをたっぷり食べて、ひと口30回噛むだけで痩せるMEC食

これまで4000人を超える患者のダイエットを成功させてきた「こくらクリニック」(沖縄県那覇市)院長の渡辺信幸医師。その秘訣は、“誰もが簡単にできて継続できる”ことにある。①ひと口30回噛む。②「MEC食」(肉:Meat・卵:Egg・チーズ:Cheese)をたっぷり食…続きを読む

渡辺信幸医師インタビュー 肉・卵・チーズをたっぷり食べて、ひと口30回噛むだけで痩せるMEC食
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆