"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
walkfoods.jpg

「歩きながら」が食べ過ぎに bertys30/PIXTA(ピクスタ)

 体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。

 Ogden氏らの研究では、女性60人を対象として、3つの「ながら食べ」グループに20人ずつ無作為に振り分けた。第1群は「5分間歩き回りながら」、第2群は「TVを見ながら」、第3群は「会話をしながら」シリアルバーを食べた。対象者の約半数がダイエット中だった。

 少し後に、全員に、チョコレート、ポテトチップ、ニンジン、ブドウなどのおやつを提供。その結果、シリアルバーを食べ歩きしたダイエット中の対象者は、ほかのダイエット中の対象者に比べてより高カロリーを摂取し、チョコレートを約5倍食べた。ただし、ダイエット中でない場合、食べ歩きをしてもチョコレートを食べたがることはなかった。

認識していないと食べ過ぎに......

 Ogden氏は、「今回の研究結果は、ダイエット中の人が"動きながら"食べた場合、同日中の食べ過ぎにつながる可能性があることを示している」と述べ、「動きながら食べた人は、食べている物を十分に認識していないか、『活動しているから後で多く食べてもよい』と考えた可能性がある」と述べている。この研究では、歩いた時間はわずか5分であるため、余分なカロリーが必要になったとは考えにくい。

 また同氏は、「食事をする際は、"意識的に食べ物を気に留めながら"食べることが重要だ」とアドバイスしている。

「食べる」という行為を脳内に記憶させる

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇