"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
walkfoods.jpg

「歩きながら」が食べ過ぎに bertys30/PIXTA(ピクスタ)

 体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。

 Ogden氏らの研究では、女性60人を対象として、3つの「ながら食べ」グループに20人ずつ無作為に振り分けた。第1群は「5分間歩き回りながら」、第2群は「TVを見ながら」、第3群は「会話をしながら」シリアルバーを食べた。対象者の約半数がダイエット中だった。

 少し後に、全員に、チョコレート、ポテトチップ、ニンジン、ブドウなどのおやつを提供。その結果、シリアルバーを食べ歩きしたダイエット中の対象者は、ほかのダイエット中の対象者に比べてより高カロリーを摂取し、チョコレートを約5倍食べた。ただし、ダイエット中でない場合、食べ歩きをしてもチョコレートを食べたがることはなかった。

認識していないと食べ過ぎに......

 Ogden氏は、「今回の研究結果は、ダイエット中の人が"動きながら"食べた場合、同日中の食べ過ぎにつながる可能性があることを示している」と述べ、「動きながら食べた人は、食べている物を十分に認識していないか、『活動しているから後で多く食べてもよい』と考えた可能性がある」と述べている。この研究では、歩いた時間はわずか5分であるため、余分なカロリーが必要になったとは考えにくい。

 また同氏は、「食事をする際は、"意識的に食べ物を気に留めながら"食べることが重要だ」とアドバイスしている。

「食べる」という行為を脳内に記憶させる

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛