シリーズ「本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言!」 第15回

『ブラックペアン』治験コーディネーターの描き方に抗議 二宮和也のリアルな演技に共感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブラックペアン』治験コーディネーターの描き方に抗議 二宮和也の手術中のリアルな演技に共感の画像1

ペアンの謎はいつ明かされるのか?(depositphotos.com)

『ブラックペアン』に(社)日本臨床薬理学会から抗議声明が出されました。描写の一部において、現実とのギャップがありすぎて誤解を招きかねないとの懸念が示されたのです。現場で必死に働いている者からすれば、心地よくない描写は確かにあるのかもしれません。

 臨床の場でも、メディアが「医者が勧めても飲んではいけない薬リスト」などという記事を出すと、うまくいく治療もうまくいかなくなることも多々あるので、薬理学会の懸念も理解できます。

 だいたい、治験コーディネーターと主任教授があんな風に2人っきりで食事をすることなんてありえません。怪しい以外の言葉は見つからない状況です(笑)!

海外の医療ドラマのぶっ飛び方は日本のドラマの比ではない

 しか~し、私は海外ドラマを見すぎているせいか、『ブラックペアン』を見ていてもこんなこと言っちゃって良いの~?なんて、1ミリも思いつかないまま楽しんでいました(笑)。

 医者を描くドラマなんて、それこそブラックなものが多すぎて、実際には存在しない医者だらけです! 日本では時に、『コードブルー』のような現実的な医療ドラマはあるし、『コウノドリ』も医師のやるせなさが表れていて毎回涙なくして見られませんでした。でも、こんなドラマはおそらく世界中見渡しても少数派!ほとんどがあり得ない医師、あるいは実際モデルがいたとしても誇張されすぎたものばかりです。

 絶対に倫理的に許されない医療行為のオンパレード、犯罪もあたりまえ、ぶっ壊しものも多いので、これまた非現実すぎて、逆に面白おかしく見られてしまうものばかり。

 『グレイズアナトミー』なんて、病院を逆恨みした殺人者が次々と医師や患者を殺害するし、爆弾がお腹に入った患者、医師の乗った飛行機の墜落、病院爆破などあらゆる設定が目まぐるしく展開しています。しかも、シリーズが長くなるにつれて荒唐無稽度がぐっと高くなります(笑)。それを楽しめるかどうかは意見の分かれるところでしょう。

 もちろん、医療現場においては秘密主義ととられがちな守秘義務も存在するし、医局制度などの古い体質も残っており、一般的にはまだまだ妄想が存在しているのでしょうか。

 妄想と言えば、私がテレビ出演のお話しをいただいた時に、「白衣の下はスカートですよね?」と言われたことに通じるものがあるのでは?と、ちょっと考えが飛んでしまいました!(ちょっと違いますか……)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇