カジノの入場規制「週に3回」は立派なギャンブル依存! カジノ法案が招くアリ地獄

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カジノの入場規制「7日間で3回」は立派なギャンブル依存! カジノ法案が招くアリ地獄の画像1

カジノ実施法案がギャンブル依存の蟻地獄を招く(depositphotos.com)

 「カジノへの入場は、7日間に3回、28日で10回まで。入場料金は6000円」――。これは、果たしてギャンブル依存症に対する歯止めになるのだろうか……?

 かねてより与野党で議論されていた、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案。その与党協議が、このたび一応の決着を見た。自民党と公明党の間で話し合われていた入場回数の制限と入場料金が、上記の案に固まったのだ。

 「7日間で3回というのは、週の半分に満たないペースなので、非日常性を維持できる」というのが政府の説明だ。しかし、週のうち3回もカジノに行っているというのは、立派なギャンブル依存症ではないだろうか?

 入場料金も政府が最初に示した2000円からさらに引き上げて6000円とし、入場への歯止めとするとしているが、果たしてそうか? 元手をかければそれを回収しないと気が済まないのが、ギャンブル依存症の特徴。

 6000円分だけは取り返そうと、ずるずるカジノに居座っているうちに、巨額の負けを作ってしまう……。そんな人が大量に出現するような気がしてならない。

 ギャンブル依存症は、精神疾患の国際的な診断基準「DSM-5」にも「ギャンブル障害」として記載された、れっきとした精神疾患である。その診断項目は、次のとおりだ。参考までにみてみよう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆