iQOS(アイコス)ファン9割は日本人~フィリップモリス「受動喫煙ほとんどない」と発表

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iQOS(アイコス)ファン9割は日本人~フィリップモリス「受動喫煙ほとんどない」と発表の画像1

iQOS喫煙者の9割が日本人!(depositphotos.com)

 まずは下記①②はそれぞれ、どんな商品の謳い文句(その一部)で、いったい誰の発言なのか、その出典を推理していただこう。

 ①「感じよう。タバコの煙やニオイから解放された自由を。」

 ②「望まない受動喫煙がなくなるよう、同世代の意見を代弁して発信していきたい」

 正解者はかなりの、タバコ問題に関する事情通と言えるだろう。なかには①と②を続けて読んで、ひと連なりの嫌煙コピーかと錯覚なさった方もいるかもしれない。

 実は①がコンビニで無料配布されていた「iQOS(アイコス)」(フィリップモリスジャパン社)のカタログ小冊子(といっても立派な全32頁!!)の巻頭を飾る惹句の一部。

 その前行には「楽しもう。本当のタバコのおいしさを。」の言葉が置かれ、3行目には「体験しよう。気兼ねのないライフスタイルを。」と続いている。

 そして②は3月12日、人気急上昇中のタレント、岡田結実さんが厚生労働省から受動喫煙対策推進キャラクターに任命された際(当時17歳)の談話だ。岡田さんはこうも語った。

 「タバコの煙が苦手で飲食店では必ず禁煙席。タバコは一生吸わないと決めている」

 さて、そんな彼女ならば「I Quit Ordinary Smoking」という言い回しを、何と訳し、どんな感慨を述べるだろうか。「私は通常の喫煙をやめる」――。実はこれこそが今や「電子/加熱式新型タバコ」の代名詞である「IQCO(アイコス)」の語源、その頭文字からの命名というわけなのだ。

iQOS喫煙者の9割が日本人

 そのフィリップモリス社が、先日開かれた都内での会見で、「iQOSを使用しても非喫煙者への受動喫煙被害はほとんどない」との自社臨床試験結果を公表した。

 発売以来、iQOSの発する有害物質は紙タバコ比で「約90%低減」を謳ってきたが、過去の試験は人がいない部屋などの管理環境下で実施されたものだった。

 対して今回の試験は、レストランにて3属性「非喫煙者」「紙タバコの喫煙者」「iQOSの喫煙者」の約400名を対象に実施され、尿サンプルや大気中のニコチン濃度などを解析した。その結果、「iQOSの周囲への方への悪影響は認められなかった」というものだ。

 しかし、ちょっと待ってほしい。であるならば、なぜいまだに生まれ故郷(本家?)の米国内では販売が許可されないのだろうか? iQOSは、世界約30カ国で販売されてるが、その市場の「9割を日本が占めている」という現実を、いったいどれだけのiQOS喫煙者がご存じだろう?

 本国で「煙たがられたモノ」が、なぜか日本に上陸して(やはり煙たがられながらも)話題性と存在感をふりまいているなんて――。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆