障害者雇用率の水増し発覚! オワコン? 24時間テレビの裏でバリバラが皮肉の本音を……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
障害者雇用率の水増し発覚! オワコン? 24時間テレビの裏でバリバラが皮肉の本音を……の画像1

画像はEテレ『バリバラ』の公式HPより

 8月25日~26日、『24時間テレビ』(日本テレビ系)が放映される。

 今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。X JAPANのYOSHIKIがロサンゼルスから緊急帰国して初出演。恒例のドラマスペシャルは「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」として、Sexy Zoneの中島健人が石ノ森章太郎を演じる。

 毎年なにかと物議をかもすのが24時間テレビ。

 今年もお笑い芸人のみやぞんが、33時間以内に水泳を1.55km、バイクを60km、ランを100kmのトライアスロンに挑戦することが発表されると、「過酷すぎる」「『24時間テレビ』なのになぜ33時間以内?」と非難の声が巻き起こった。

 集まる募金額も、例年の10億円前後から、最近は7億円程度に減少している『24時間テレビ』。

 すでに「オワコン」ともささやかれ、「チャリティー番組」なのに出演タレントに高額のギャラが支払われていることから、「偽善番組」と叩かれたことが影響していると、『FRAYDAY』(8月20日付デジタル)は報じている。

裏番組のEテレ『バリバラ』では障害者の本音を展開

 また、24時間テレビといえば、毎回、障害者を取り上げてきたが、その内容にもさまざまな批判が起こってきた――。

 ダウン症の障害者に、「世界の中には絶対勝者と敗者が存在する」という歌詞の「パーフェクトヒューマン」を踊らせたり、両足マヒの子を富士山に登らせる際に、苦しそうな子どもをこづくシーンが映ったりと、たびたびネットで炎上している。

 そもそも、「頑張っている障害者」を映すことで、感動させようとする手法そのものが、「障害者は健常者を感動させるために存在しているのではない」と反発を招いてきた。

 近年、そんな『24時間テレビ』にぶつけるように、放映中の裏番組で問題提起を行なっているのが、普段からさまざまな障害者をめぐる問題を取りあげている、Eテレの『バリバラ』だ。

 8月26日午後7時は、「障害者はテレビを救う」と銘打ったプログラムを生放送の予定だ。「視聴者としての障害者」をテーマに、目が見えなくてもテレビを見たい、聴こえなくても音楽番組を楽しみたいという願いを、テレビはどのくらい叶えてくれているのか討論するようだ。

 ホームページの番組紹介には「なぜか障害者が1年で最も注目されるこの日、バリバラ・ファンへの感謝企画で、障害がある人もない人も楽しめる演出を追求! 誰も置き去りにしない、テレビへの未来像を探る実験企画を放映する!」と書かれている。

 ハッキリとうたってはいないが、「裏の『24時間テレビ』は障害者を取り上げながら肝心の障害者を置き去りにしている」という皮肉が込められていると考えてもよさそうだ。

 確かに『24時間テレビ』が、障害者が見て楽しめる内容になっているのかと想像すると、かなりの疑問を感じざるを得ない。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆