なぜ人は逆走してしまうのか? 高速道路での逆走事故は死亡率が13%

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高速道路や一般道での「逆走」の危険! 高速での逆走事故は死亡率が13%の画像1

高速道路の逆走事故は死亡率が13%(depositphotos.com)

 日本の高速道路上での逆走事案は、「およそ〇日に1回の割合」で発生しているか? そう問われたら、さて、あなたは〇内の数字をどう回答するだろうか? 正解は「2日に1回」、実に驚愕の事実である。

 とても信じがたい、それはもしや四捨五入の数字なのでは!? と疑い深い方には、平成26年=212件、同27年=259件、同28年=249件という近過去の推移を提示しておこう。

 これは国土交通省及び高速道路会社管理の「高速道路」における近年の、事故または確保に至った逆走案件の数字なのである(出典:警察の協力を得て国土交通省/高速道路会社が作成したもの)。

 つまり「2日に1回」は四捨五入でもゲタを履かせた物言いではなく、むしろ割り引いた(ゆえに驚愕の!)発生件数である事実がわかるだろう。

 では、タクシー業界でいう「上の道(高速道路)」の発生件数が2日に1回の割合であるならば、「下の道(一般道路)」はどうなのだろうか? 皮肉にも、その逆走実態を物語るような事故がお盆明け直後の週末/週明けに相次いで報じられた。

8月に発生した2件の逆走事故

 まずは8月18日の午前中に起きた、山形県上山市金瓶の国道13号下り車線上での発生案件――無職男性(84)と妻(82)が同乗していた軽乗用車が、前から来た会社員(30)の軽乗用車(妻と長男が同乗)に正面衝突し、5人が死傷した。

 これはわざと言葉を省いて記したが、賢明な読者はもうおわかりだろう。そう、下り車線を「逆走してきた」のは前者(違反車)のほうであり、「前から来た」後者のほうが法令順守の、いわば被害者だ。

 その3日後の8月21日午後、今度は北海道根室市の国道44号で69歳の男性が操るレンタカーが反対車線をずっと走行し(目撃者証言)、正面から来た軽乗用車を衝突大破させ、相手側の55歳女性を死亡させた……。

 こうした一般道における車線の勘違い案件や、悪質な飲酒運転による逆走行為、あるいは認知症が原因と思しき逆走案件は8月に限っても多発している。

 閑話休題。ここでもう一度、ハンドルを戻すがごとく「高速道路」での逆走事例、その原因のほうへ引き返そう。そこで再び、次の問いに答えてほしい。

 「同乗者との会話に夢中なあまり」「ナビの指示を読み違えて」「ついボーッとしていて」「車線変更のタイミングを逃して」……等々、ミスの原因が何であれ、あなたがもし、目的地への最寄り高速出口をうっかり通り過ぎてしまった(あるいは間違って早く降りかけた)という場合、下記のうち、どの手段を咄嗟に選びますか?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆