米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行! ただし、ヒトへの感染は心配なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行! ただし、ヒトへの感染は心配なしの画像1

米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行(depositphotos.com)

 あのホットドッグ(hot dog)は「レッド・ホット・ダックスフンド・ソーセージ」がギュッと縮まって大いに流行ったもの。

 だが、熱に浮かされて元気をなくした「喪家の狗(そうかのいぬ)」が米国の愛犬家たちを大いに悩ませている。ダックスフンドがマスタードを塗られ、捨てられたワケではない。

 イヌたちが感染力が極めて強い「インフルエンザ・ウイルス」に捕まっているのだ。

米国でイヌのインフルエンザH3N2型が流行中!イヌからヒトには感染しない

 インフルエンザ・ウイルスの感染波は、シカゴから中西部をひと呑みし、フロリダ州からジョージア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、テキサス州まで、燎原の火さながらに蔓延している(「HealthDay News」2017年6月14日)。

 米コーネル大学獣医学部ウイルス学教授のColin Parrish氏は「鳥類からイヌに伝播したイヌインフルエンザH3N2型は、2005年にアジアで初めて確認された新株だ。2015年に韓国から持ち込まれたイヌによって感染が拡がった。だが、イヌからヒトに感染する恐れはない」と推測する。

 同大学ウイルス学教授のEdward Dubovi氏は「このウイルス株は、2004年に流行ったウイルス株よりも感染力が強い。アジアのイヌを救済しようする団体が、適切な検疫を受けずに米国にイヌを持ち込み続ければ、米国内でイヌのインフルエンザの発生が繰り返されるだろう」と警告する。米国獣医師会(AVMA)前会長のJoe Kinnarney氏によると、このウイルスに接触したイヌの約80%がインフルエンザを発症するという。

 イヌのインフルエンザは、保護施設、ドッグホテル、ドッグランなどイヌが集まる場所で感染が広がる。人間がウイルスに感染したイヌに触れた後、別のイヌに触れると、感染する場合もある。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔