車が飛来! 東名高速事故で被害バスの死者はゼロ! 明暗を分けた「シートベルト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車が飛来! 東名高速事故で被害バスの死者はゼロ! 明暗を分けた「シートベルト」の画像1

シートベルトの着用が明暗を分ける(depositphotos.com)

 6月10日、愛知県新庄市の高速上で、突然、対向車線の乗用車が中央分離帯を飛び越え、観光バスに衝突してきたのは、東名高速に入った僅か10分後の出来事だった――。

 バスガイドの山本梅予さん(60)は運転手で夫の良宗さん(68)と共にバス出発直後に2回、東名高速に乗る直前にもう1回の計3回、「シートベルトの着用」を呼びかけたという。

 梅予さんはガラス破片で顔を切り、ハンドルを握る夫は肋骨5本を折り、重傷者も出たものの乗客乗員47人の命に別状はなかった。

 「(シートベルト)着用で命が助かった。事故に遭わないと、その大切さはわからないかも」

 会見での山本梅予さんの実感コメントに、死亡者15人(その大半がシートベルトの非着用で生死の明暗を分けた)を数えた2015年1月の軽井沢スキー転落事故の惨劇を想起された方も多いだろう。
 
 あの事故以降、国土交通省では日本バス協会傘下会員間の周知・徹底化を要請。乗員による着用の目視確認やベルト/バックル類の埋没防止、リーフレット類での注意喚起を促してきたが、今回の死亡者ゼロ案件は一定の成果を物語ってもいるだろう。

 では、もう少し身近な公共交通であるタクシー内での着用現況はどんな感じだろうか。

タクシーでの着用現況は?

 「昨年あたりまでは『後ろもしなきゃイケないのぉ?』『すぐ、ソコなのになぁ』とか不満気味のお客様がまだ、結構いましたね。それが最近は『しないとイケないんだよね』とか『距離の問題じゃないよね』程度に多少は進歩した感じですかね」(法人ドライバー)

 彼の車内の場合、乗車時のアナウンスが1回、会社の指示による口頭でのくり返しが1回、さらに高速利用の場合は事前に口頭でもう1回の計3回、乗客への「シートベルトの着用」を呼びかけているそうだ。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛