夏場の室内温度設定は「28度」で閣内不一致!?「クールビズ」の科学的な根拠とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏場の室内温度設定は「28度」で閣内不一致!?「クールビズ」の科学的な根拠とは?の画像1

夏場の室内温度設定「28度」の根拠は?(depositphotos.com)

 「これは哲学の問題」とは渦中にある塩崎恭久厚労相の言葉だ。受動喫煙防止法案をめぐる自民党案を「飲んでほしい」と伝えてきた茂木政調会長の意向を突っぱねた際に、そう口にした。

 つまり「受動喫煙に害があること」は「科学的に証明されている」ので「その部分は譲れない」というわけだ。なんでも、自民党案を大臣が却下するのは、異例中の異例であるとか。

 しかし、次に紹介する「科学的根拠」をめぐる副大臣同士のやりとりも、前代未聞度においては人後に落ちない部類だろう。

夏期のクールビズ設定は「なんとなく28度」?

 それは5月11日、首相官邸で開かれた副大臣会議の席上で交わされた「クールビズ設定」についてのやりとりだ。まずは言い出しっぺである法務副大臣・盛山正仁氏の見解から紹介しよう。

 「(夏期の室温設定の適正は)なんとなく28度でスタートし、独り歩きしてきたが、働きやすさの観点から検討してみてはどうか」と、いわゆる見直し案の口火が切られたそうだ。

 まず目を引くのは「なんとなく28度」という出鼻の部分で、当然ながら「科学的根拠があっての設定温度とばかり思い込まされてきた」国民からすれば、仰天発言といえるだろう。もしや、またしても門外漢の放言か!? そう思われる方もいるだろうが……。

 実は件の法務副大臣、2005年のクールビズ開始当時は旗振り役の環境省で「担当課長」だった人物というから、その「なんとなく」の暴露性(?)には「それなりの根拠」があるようだ。

 では、現在の旗振り役指揮官、環境副大臣・関芳弘氏は、いったいどう応じたのであろうか? 本年度も今が旬のクールビズ期間(5月1日~9月30日)中であり、その最中での見直し案に応じる「反論ぶり」に誰もが注目するところだが……。

 「(仰せの28度は)無理があるかと思われ、実はかなり不快な温度であり、科学的知見を加えるよう検討したい」

 担当省庁のOBが発した見直し案を、そのまま受け入れて、再検討の必要性を説いたというから、その賛否は別としても「これまでの12年間はいったいナンだったんだ!?」と呆気にとられる方は多いだろう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆