車椅子での搭乗で航空会社「バニラ・エア」が炎上!「障害者差別禁止法」が施行も……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車椅子での搭乗で航空会社「バニラ・エア」が炎上!「障害者差別禁止法」が施行も……の画像1

「バニラ・エア」炎上の教訓(depositphotos.com)

 「車いす客に自力でタラップ上がらせる バニラ・エア謝罪」というショッキングな見出しから一転、ネット上では自力でタラップを上った障害者のほうが非難され炎上――。

 一件は、「障害者とバリアフリーをめぐるネット世論の難しさ」について、改めて問いを突きつける形となった。

 発端となったバニラ・エアに関する記事は、朝日新聞デジタル(6月28日)に掲載された。

 半身不随で車椅子で生活をする大阪府豊中市のバリアフリー研究所代表・木島英登(ひでとう)さんが、LCC(格安航空会社)のバニラ・エアを利用して関西国際空港から奄美大島に旅行したときの出来事だ――。

 関西空港には「搭乗ブリッジ」があるが、奄美空港では「降機がタラップ」になるとして、木島さんは関空の搭乗カウンターでタラップの写真を見せられて、「歩けない人は乗れない」と言われた。

 しかし木島さんは、「同行者の手助けで上り下りする」と伝え、奄美空港では同行者が車いすの木島さんを担いで、タラップを下りた。

 だが、帰りの関空行きの便に搭乗する際、バニラ・エアから業務委託されている奄美空港の空港職員から「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われる。

  その後、「同行者の手伝いのもと、自力で階段昇降をできるなら搭乗できる」と説明された。

 そして、同行者が往路と同じように車椅子ごと担ごうとしたところ、空港職員が制止。木島さんは車椅子を下りて、腕の力だけで階段をずり上がり、飛行機に乗り込んだというものだ。

 バリアフリー研究家の木島英登さんは、高校時代にラグビーの練習中に脊髄を損傷し、車椅子生活を余儀なくされたが、これまでに158ヶ国を訪れたほどの旅行好き。

 その体験をもとに『車椅子の旅人が行く!「心のバリアフリー」を求めて日本縦断』(講談社)や『空飛ぶ車イス 元ラガーマン、世界39カ国の旅』(IMS出版)といった本を出版したり、講演活動を行なうほか、ホームページで積極的にバリアフリー情報を発信している。

 奄美大島での搭乗拒否の件も、木島さん本人がホームページに掲載したことから広まったものだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔