延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ~「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ~「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?の画像1

7月18日に105歳で亡くなられた日野原重明医師(写真は公式Facebookより)

 先ごろ亡くなった日野原重明さんは、享年105歳。おそらく現役最高齢医師だった――。58歳の時によど号ハイジャック事件に巻き込まれ死を覚悟したものの、生還できた喜びから「これからの人生は人のために尽くす」と誓ったそうだ。

 「生活習慣病」の命名(それまでは「成人病」)、「人間ドック」の開設、「新老人の会」設立、子どもたちへの「命の授業」のほか、1995年に起きた「地下鉄サリン事件」の際には、聖路加国際病院長として陣頭指揮をとり640人もの中毒患者を収容するなど、世界中から注目された。

 日本の医療に多くの功績を残した日野原医師は、今年3月に消化器機能の低下により入院。口から食べることが難しくなったため、担当医師から経管栄養(中心静脈栄養や胃ろう)を勧められたが、「それはやらない」と拒否し自宅療養に切り替えた。

 そして7月18日、家族に見守られて静かに息を引き取ったという。

自然な死に方を阻む「延命至上主義」や「診療報酬」

 

 日野原医師のような「自然な人生の閉じ方」を見習いたいと感じた人は多かったはずだ。しかし本人が望んでも、なかなかこのような死に方ができるとは限らないのが現実である。

 理由の一つに挙げられるのが、医師らの「延命至上主義」だ。人の命を救うことが医療の使命ではあるが、それがいつしか「何が何でも死なせない」ことが最優先となって体に染み込むようになり、寿命が尽きようとしている高齢者にも同様のことをしてしまう。

 自力で食べられなくなった高齢者に対し、深く考えることをせずに胃ろうなどの経管栄養を施したりすることだ。このことで、高齢者は長い寝たきり生活を送ることになりかねない。

 また、医療制度の問題もある。中心静脈栄養や人工呼吸器をつけると「診療報酬」が高くなるから、病院経営の面から延命措置を行うことが少なからずあるそうだ。

 さらに「息をしているだけでいい」などという「家族のエゴ」から延命治療が始まってしまうケースもある。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆