「2015年7月」の記事一覧

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

俳優の高知東生が、妻で女優の高島礼子の父が患うパーキンソン病の介護のため、秋にも芸能界を引退することがわかったが、パーキンソン病とはどんな症状が出るのだろうか? 時代は遡ってあのヒトラーがパーキンソン病だったのではとの見方がある。 1945年7月中旬、アメリカ軍はウィリ…続きを読む

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

SMAP・中居正広さんが告白! "のどの腫瘍"で「声を失うこと」も覚悟!! 再発したら長期間の休養も......

7月4日、人気グループSMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、のどの腫瘍の摘出手術について、その心境を詳しく語った。 中居さんは、約1年半前からのどに違和感を覚え、今年5月下旬に検査で病院に行ったと告白。のどに腫瘍…続きを読む

SMAP・中居正広さんが告白!

遺伝子組み換え食品の現状とは?「ザル規制」で中韓に遅れをとる日本!

昨年7月末、北京で遺伝子組み換え(GMO)食品とモンサント社開発の除草剤グリホサートの使用によって引き起こされるさまざまな問題を討議するユニークな国際会議が北京で開催された。参加国は中国を始め、台湾、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、デンマーク、ドイツ、オーストラリア、…続きを読む

遺伝子組み換え食品の現状とは?「ザル規制」で中韓に遅れをとる日本!
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔