「2015年7月」の記事一覧

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

俳優の高知東生が、妻で女優の高島礼子の父が患うパーキンソン病の介護のため、秋にも芸能界を引退することがわかったが、パーキンソン病とはどんな症状が出るのだろうか? 時代は遡ってあのヒトラーがパーキンソン病だったのではとの見方がある。 1945年7月中旬、アメリカ軍はウィリ…続きを読む

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

SMAP・中居正広さんが告白! "のどの腫瘍"で「声を失うこと」も覚悟!! 再発したら長期間の休養も......

7月4日、人気グループSMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、のどの腫瘍の摘出手術について、その心境を詳しく語った。 中居さんは、約1年半前からのどに違和感を覚え、今年5月下旬に検査で病院に行ったと告白。のどに腫瘍…続きを読む

SMAP・中居正広さんが告白!

遺伝子組み換え食品の現状とは?「ザル規制」で中韓に遅れをとる日本!

昨年7月末、北京で遺伝子組み換え(GMO)食品とモンサント社開発の除草剤グリホサートの使用によって引き起こされるさまざまな問題を討議するユニークな国際会議が北京で開催された。参加国は中国を始め、台湾、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、デンマーク、ドイツ、オーストラリア、…続きを読む

遺伝子組み換え食品の現状とは?「ザル規制」で中韓に遅れをとる日本!
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志