「2015年7月」の記事一覧

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

俳優の高知東生が、妻で女優の高島礼子の父が患うパーキンソン病の介護のため、秋にも芸能界を引退することがわかったが、パーキンソン病とはどんな症状が出るのだろうか? 時代は遡ってあのヒトラーがパーキンソン病だったのではとの見方がある。 1945年7月中旬、アメリカ軍はウィリ…続きを読む

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

SMAP・中居正広さんが告白! "のどの腫瘍"で「声を失うこと」も覚悟!! 再発したら長期間の休養も......

7月4日、人気グループSMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、のどの腫瘍の摘出手術について、その心境を詳しく語った。 中居さんは、約1年半前からのどに違和感を覚え、今年5月下旬に検査で病院に行ったと告白。のどに腫瘍…続きを読む

SMAP・中居正広さんが告白!

遺伝子組み換え食品をめぐり中国、韓国、台湾が大きく舵をきり始めた!!

昨年7月末、北京で遺伝子組み換え(GMO)食品とモンサント社開発の除草剤グリホサートの使用によって引き起こされるさまざまな問題を討議するユニークな国際会議が北京で開催された。参加国は中国を始め、台湾、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、デンマーク、ドイツ、オーストラリア、…続きを読む

遺伝子組み換え食品をめぐり中国、韓国、台湾が大きく舵をきり始めた!!
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子