連載第10回 死の真実が“生”を処方する

タクシー運転手の約2割、長距離トラック運転手の約3割! 驚くべき"居眠り運転"の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hitosugi010.jpg

長距離トラック運転者の約3割が運転中に眠気を感じている?Laitr Keiows / Shutterstock.com

 2012年(平成24年)4月29日、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道でツアーバスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡、乗客乗員39人が重軽傷を負うという大惨事がありました。事故の原因は、運転手の居眠り。この事故を契機に、旅行業法で行われていた「高速ツアーバス」は「高速乗合バス」に集約されることになりました。

 バスだけでなくタクシーやトラックなどの職業運転者の事故防止対策が、重要な課題になっています。しかし、事故が起こってしまった時、単に運転者個人のミスや不注意として処理しているだけでは、有効な防止対策につながりません。いわゆる「ニアミス例」を集積して分析することも重要です。

半数が眠くてもすぐに休憩しない! 居眠り運転の実態は?

 約1000 名のタクシー運転者(平均タクシー運転歴13年)を対象とした、興味深いアンケート調査があります。それによると、約3.8%が運転中に居眠りによる交通事故を経験し、約20%が居眠り運転によるニアミスの経験があるというのです。

 同じく、430人の長距離トラック運転者(平均大型トラック運転歴約17年)を対象としたアンケート調査もあります。それによると、ドライバーは1回の勤務で平均7.8時間運転し、1カ月に平均7万7000km走行していました。業務中の居眠り運転について尋ねたところ、2.8%が「よくある」と答えており、また28.8%が「時々ある」と答えていました。さらに、運転を始めてから眠気を感じるまでの時間は平均3.2時間でした。

 このように、長距離トラック運転者の約3割が運転中に眠気を感じているものの、驚くべきことに「すぐに休憩する」と答えた人は47.3%。それ以外の人は、何とか眠気を払って運転を続けているのです。これは恐ろしいことです。

労働安全衛生法による職業運転者への面接制度

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太