連載第10回 死の真実が“生”を処方する

タクシー運転手の約2割、長距離トラック運転手の約3割! 驚くべき"居眠り運転"の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hitosugi010.jpg

長距離トラック運転者の約3割が運転中に眠気を感じている?Laitr Keiows / Shutterstock.com

 2012年(平成24年)4月29日、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道でツアーバスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡、乗客乗員39人が重軽傷を負うという大惨事がありました。事故の原因は、運転手の居眠り。この事故を契機に、旅行業法で行われていた「高速ツアーバス」は「高速乗合バス」に集約されることになりました。

 バスだけでなくタクシーやトラックなどの職業運転者の事故防止対策が、重要な課題になっています。しかし、事故が起こってしまった時、単に運転者個人のミスや不注意として処理しているだけでは、有効な防止対策につながりません。いわゆる「ニアミス例」を集積して分析することも重要です。

半数が眠くてもすぐに休憩しない! 居眠り運転の実態は?

 約1000 名のタクシー運転者(平均タクシー運転歴13年)を対象とした、興味深いアンケート調査があります。それによると、約3.8%が運転中に居眠りによる交通事故を経験し、約20%が居眠り運転によるニアミスの経験があるというのです。

 同じく、430人の長距離トラック運転者(平均大型トラック運転歴約17年)を対象としたアンケート調査もあります。それによると、ドライバーは1回の勤務で平均7.8時間運転し、1カ月に平均7万7000km走行していました。業務中の居眠り運転について尋ねたところ、2.8%が「よくある」と答えており、また28.8%が「時々ある」と答えていました。さらに、運転を始めてから眠気を感じるまでの時間は平均3.2時間でした。

 このように、長距離トラック運転者の約3割が運転中に眠気を感じているものの、驚くべきことに「すぐに休憩する」と答えた人は47.3%。それ以外の人は、何とか眠気を払って運転を続けているのです。これは恐ろしいことです。

労働安全衛生法による職業運転者への面接制度

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘