多くの人が悩む腰痛とうつ病に関係が......麻薬性鎮痛薬の効果が低下する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lowbackpain.jpg

国民病といわれる腰痛とうつに関連が...... Choreograph/PIXTA(ピクスタ)

 日本人の国民病といわれる「腰痛」。「平成22年国民生活基礎調査」の「自覚症状のある病気やケガ」では、腰痛は男性で1位、女性では肩凝りに次いで2位。日本人の成人の9割が、一生に一度は腰痛を経験しているといわれているほどだ。

 ところが、腰痛の原因は、腰椎や筋肉の傷害によるものから、ストレスや他の病気によるものまでさまざまだ。先日、腰痛治療のひとつヒントになる報告がなされた。「慢性腰痛の患者にうつ病や不安症がある場合、麻薬性鎮痛薬の効果が十分に得られない可能性がある」ことが、新たな研究で明らかにされた。

 研究を率いた米ピッツバーグ大学教授のAjay Wasan氏は、「腰痛が、うつ病や不安症を悪化させることもあればその逆もあり、両者には相互的関係がある」と説明する。

 また、うつ病や不安症のある人は、麻薬性鎮痛薬による効果が大幅に低下するほか、薬剤乱用の確率が高いという。たとえば、薬剤の過剰摂取や、複数の医師から同じ薬剤の処方を受けるドクターショッピング、麻薬性鎮痛薬とマリファナやコカインの併用などがみられる。

あの世界的企業の役員も麻薬性鎮痛薬で......

 「医師は麻薬性鎮痛薬を処方する前に、うつ病や不安症の評価と治療を行い、非麻薬性鎮痛薬や理学療法などの代替治療も検討する必要がある」と、Wasan氏は指摘している。

 『Anesthesiology』(7月9日掲載)で報告された今回の研究では、軽度から重度のうつ病または不安症のある慢性腰痛患者55人を対象に、モルヒネ、オキシコドン、プラセボのいずれかを6カ月間投与するグループに無作為に振り分けた。

 患者は、疼痛のレベルと毎日の薬剤量を研究グループに報告。その結果、うつ病および不安症が軽症のグループでは、39%の疼痛改善が認められた。一方、重症群は約21%だった。さらに重症のグループでは、軽症グループと比較して鎮痛薬の乱用が大幅に増加し(39%対8%)、副作用も多くみられた。米国家庭医学会(AAFP)によると、この薬剤クラスによくみられる副作用には便秘、倦怠感、混乱などがあるという。

 このような研究報告で頭をよぎったのが、先月麻薬取締法違反(輸入)で逮捕されたトヨタ自動車の常務役員のジュリー・ハンプ氏。ハンプ氏は、疼痛を和らげる目的だったと弁明したが、鎮痛薬の乱用は心理的なプレッシャーだったのではと考えてしまう。

うつ病や不安症の患者は鎮痛薬が効きにくい?

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫