多くの人が悩む腰痛とうつ病に関係が......麻薬性鎮痛薬の効果が低下する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lowbackpain.jpg

国民病といわれる腰痛とうつに関連が...... Choreograph/PIXTA(ピクスタ)

 日本人の国民病といわれる「腰痛」。「平成22年国民生活基礎調査」の「自覚症状のある病気やケガ」では、腰痛は男性で1位、女性では肩凝りに次いで2位。日本人の成人の9割が、一生に一度は腰痛を経験しているといわれているほどだ。

 ところが、腰痛の原因は、腰椎や筋肉の傷害によるものから、ストレスや他の病気によるものまでさまざまだ。先日、腰痛治療のひとつヒントになる報告がなされた。「慢性腰痛の患者にうつ病や不安症がある場合、麻薬性鎮痛薬の効果が十分に得られない可能性がある」ことが、新たな研究で明らかにされた。

 研究を率いた米ピッツバーグ大学教授のAjay Wasan氏は、「腰痛が、うつ病や不安症を悪化させることもあればその逆もあり、両者には相互的関係がある」と説明する。

 また、うつ病や不安症のある人は、麻薬性鎮痛薬による効果が大幅に低下するほか、薬剤乱用の確率が高いという。たとえば、薬剤の過剰摂取や、複数の医師から同じ薬剤の処方を受けるドクターショッピング、麻薬性鎮痛薬とマリファナやコカインの併用などがみられる。

あの世界的企業の役員も麻薬性鎮痛薬で......

 「医師は麻薬性鎮痛薬を処方する前に、うつ病や不安症の評価と治療を行い、非麻薬性鎮痛薬や理学療法などの代替治療も検討する必要がある」と、Wasan氏は指摘している。

 『Anesthesiology』(7月9日掲載)で報告された今回の研究では、軽度から重度のうつ病または不安症のある慢性腰痛患者55人を対象に、モルヒネ、オキシコドン、プラセボのいずれかを6カ月間投与するグループに無作為に振り分けた。

 患者は、疼痛のレベルと毎日の薬剤量を研究グループに報告。その結果、うつ病および不安症が軽症のグループでは、39%の疼痛改善が認められた。一方、重症群は約21%だった。さらに重症のグループでは、軽症グループと比較して鎮痛薬の乱用が大幅に増加し(39%対8%)、副作用も多くみられた。米国家庭医学会(AAFP)によると、この薬剤クラスによくみられる副作用には便秘、倦怠感、混乱などがあるという。

 このような研究報告で頭をよぎったのが、先月麻薬取締法違反(輸入)で逮捕されたトヨタ自動車の常務役員のジュリー・ハンプ氏。ハンプ氏は、疼痛を和らげる目的だったと弁明したが、鎮痛薬の乱用は心理的なプレッシャーだったのではと考えてしまう。

うつ病や不安症の患者は鎮痛薬が効きにくい?

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛