「2015年7月」の記事一覧

ドラマ『死の臓器』武田鉄矢演じる医師のモデルとなった人物の臓器売買疑惑と日本の臓器移植の問題とは?

7月12日からWOWOWで始まった小泉孝太郎主演の医療サスペンス『死の臓器』が注目されている。原作は麻野涼の同名の小説で、日曜に5回連続で放映される。テーマとされているのが、臓器売買や移植医療とそれをめぐる医療界の闇だが、実は武田鉄矢扮する医師日野誠一郎にはモデルとなった実…続きを読む

ドラマ『死の臓器』武田鉄矢演じる医師のモデルとなった人物の臓器売買疑惑と日本の臓器移植の問題とは?

米国で"同性婚"が合法に! 日本でも有名人の同性カップルが来年の結婚を発表!!

6月26日、米国の最高裁が歴史的な判決を下した。全米で同性婚の権利を保証する、というものだ。米国では、すでに同性婚のムーブメントが高まっており、現在、全50州のうち36州が同性婚を認めている。その権利が全米に行き渡るというのは、画期的である。 そもそも、世界で初めて「…続きを読む

米国で

覚せい剤に似た性質を持つADHD薬。子どもへの処方は本当に害はないのか?

近年、ADHD(注意欠陥・多動性障害)など発達障害と診断される子どもが増えている。ADHDの特徴は、集中力や注意力に欠けたり、衝動性や多動性が見られたりすることだ。詳しい原因はわかっていないが、脳の機能障害ではないかといわれている。 しかし、以前はADHDという名前の病…続きを読む

覚せい剤に似た性質を持つADHD薬。子どもへの処方は本当に害はないのか?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子