連載第9回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

「プロテイン」を飲めば筋肉がつく? 本当に"カラダが変わる"栄養の摂り方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
murakami008.jpg

プロテインは「タンパク質を粉末にして飲みやすくした栄養補助食品」shutterstock.com

 筋肉をつけるにはプロテイン! ダイエットするならプロテイン! そんなイメージをもっていないだろうか?

 ところで、「プロテイン」とは一体何だろう?

 そもそもプロテインを日本語に訳すと「タンパク質」という意味だ。タンパク質は、ヒトのカラダを構成する栄養素のひとつで、肉や魚、大豆などにも含まれている。また「サプリメント」とは日本語で「栄養補助食品」のこと。皆さんがプロテインと呼んでいるのは、「タンパク質を粉末にして飲みやすくしたプロテインパウダーという栄養補助食品」、つまりサプリメントの一つといえるだろう。

 人のカラダを構成している成分で一番多いのは水分だが、水分の次に多いのがタンパク質だ。筋肉はもちろん、皮膚や髪の毛、内臓などカラダの主な組織の構成材料はタンパク質。だから、プロテイン=タンパク質はカラダにとって最も重要な栄養素の一つといえる。

プロテインを飲めば簡単にマッチョなれる?

 ではなぜ、「プロテインを飲むと筋肉がつく」、そんなイメージが定着したのか?

 たぶん、筋肉隆々のボディビルダーやアスリートが広告・宣伝でアピールしたり、飲んでいる場面を目にすることが多いせいかもしれない。ダイエット効果のイメージは、テレビCMで「プロテインダイエット」というフレーズを耳にする機会が増えたからではないだろうか。

 もともとタンパク質は肉類などに多く含まれているが、高タンパクな食品は脂肪分も一緒に含んでいることが多い。そのため、タンパク質を補給しようと肉類をたくさん食べると、脂肪の過剰摂取という不安もある。

 それに比べるとプロテインパウダー(あえてパウダー=粉末とする)は、高タンパクでありながら脂肪分はごくわずか。余計な栄養素を摂らずに、必要なタンパク質を効率よく吸収できるということで重宝することに間違いはない。

 また、あらかじめ消化・吸収しやすい状態に調製されているので、胃腸への負担が小さい上に、短時間で体の組織に栄養が届く。運動前にもタンパク質を補給したい、食事を摂りたいという時に、肉類を食べたら、すぐに激しい運動をするのは無理なはずだ。

 だが、プロテインパウダーなら、運動前に飲むことも可能だし、「栄養の吸収が早い」とされる運動直後にも簡単に摂取でき、素早く栄養が補給される。筋肉の疲労を早期に回復させ、筋肉をつけるという効果は高い。

 そう、プロテインパウダーは筋肉にとって必要なタンパク質を手軽に補給できるが、簡単に筋肉がついたり、痩せたりできる"魔法の粉"でもなければ、ドーピング禁止の筋肉増強剤でもない。

タンパク質をたくさん摂れば健康で強いカラダになれる?

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛