俳優・鈴木亮平が体重を30キロ増減! 徹底した役作りとボディメイクの秘密とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hk.jpg

体脂肪8%の肉体美を披露した映画『HK/変態仮面』

 短期間で体重を30キロ増やす――。映画『俺物語!!』(2015年10月31日公開予定)で主演を務める鈴木亮平が、体重を30キロ増量して新作に挑む。その役者魂に対して、賞賛の声があがる一方で、鈴木の体を心配する声も寄せられた。

 鈴木亮平といえば、映画『HK/変態仮面』や『TOKYO TRIBE』で肉体美を披露した"肉体派俳優"として有名だ。『HK/変態仮面』(2013年)では、一度15キロ太ってから脂肪だけを落とし体脂肪8%に。見事な筋肉に覆われた肉体は、映画公開時に話題を呼んだ。

 TBSテレビ60周年特別企画・日曜劇場『天皇の料理番』では、病に冒される役作りのため、体重76キロを半年で20キロ減量(鈴木は身長186cm)。「プライベートな時間を削って、すべてを減量に捧げました。この物語だったら、自分の半年を捨ててもいいと思えた」とコメントしている。

 今年4月、東京・上智大学内で開催された留学応援トークイベントに登壇した鈴木は、「76キロから20キロ減量して56キロだったのが10日前。いま76キロ。このリバウンド、絶対に真似しないで」と客席に呼びかけている。

 今回の『俺物語!!』の撮影は、『天皇の料理番』のクランクアップから約1カ月後にスタート。同名の少女漫画が原作の映画で、主人公の男子高校生・剛田猛男を演じる鈴木は、原作での設定「身長2メートル」「体重120キロ」に近づけるため、徹底した食事とトレーニングで30キロ増量したという。

 「20キロの減量から1カ月で30キロの増量」。確かに、短期間で体重増減を繰り返す役作りに対して、体を気遣う声が上がるのは当然かもしれない。実際、鈴木のブログのコメント欄には、多くのファンからは心配の声が寄せられた。

役作りにかける俳優たち

 だが、俳優が役作りのために、体重を増減させるのは珍しいことではない。古くは、俳優ロバート・デ・ニーロの貪欲な役作りが有名だ。常軌を逸した役作りは、映画界では「デ・ニーロ・アプローチ」と呼ぶ。
 
 デ・ニーロは、映画『レイジング・ブル』でボクシングのチャンピオンにまで上り詰めた鍛え上げられた肉体と、引退後の肥満体型を表現するために体重を27kg増量。映画『アンタッチャブル』では実際に頭髪を抜いて、アル・カポネを演じた。

 近年では、マーク・ウォルバーグが映画『The Gambler』のために約27キロ減量。197ポンド(約89kg)だった体重をわずか6週間で137ポンド(約62kg)に落とした。真面目でスレンダーなイメージのクリスチャン・ベイルは、ドラマ『アメリカン・ハッスル』で19.5キロも体重を増やして世間をあっと驚かせた。

体重を増やすにはとにかく食べればいいのか?

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫