「尿漏れ」する男性のための尿ケア用品が活況! 40歳以上の12.4%が「排尿障害」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「尿漏れ」する男性のための尿ケア用品が活況! 40歳以上の12.4%が「排尿障害」にの画像1

花王の男性用尿ケア用品「スマートガード」(同社HPより

 「憚り(はばかり)」「雪隠(せっちん)」「花摘み」など、「トイレ」を意味する言葉に敏感な日本人。子どもの頃の「おねしょ」や「おもらし」であれば誰もが経験することだが、そこまでの大事には至らなくても、軽い「尿漏れ」に悩んでいる大人は多い。

 ユニ・チャームの実施したインターネット調査(2014年)によれば、月1回以上の軽い尿漏れの経験者は、20代から存在するとのこと。「幼児や老人じゃあるまいし」などと侮ってはいけない。

尿道の長さは女性は3~4cm、男性は20cm

 尿とは液体の排泄物のことだ。血液は全身に栄養や酸素を送る代わりに、老廃物などを集めて腎臓に運んでいる。この老廃物を濾し出したものが尿となる。

 尿は左右の尿管を通って膀胱に溜まる。このとき膀胱の筋肉は弛緩しているが、尿道は収縮している。そして、膀胱が尿で満たされると、脳がその情報を感知して尿意を発信。今度は膀胱が縮んで尿道が緩み、溜まった尿が排出される。

 ちなみに、尿意があってもトイレに行けないとき、排尿が我慢できるのは、「尿道を閉じろ」という別の情報が脳へ発信されているためだ。通常は漏らすことなく、意識的に排尿がコントロールできている。

 この尿道の長さは男女で違う。女性は平均3~4cmだが、男性は平均20cmもあり、出口までに2カ所も折れ曲がっている。また、男性の尿道の周囲は前立腺という臓器に囲まれており、尿道を閉める筋肉である骨盤底筋は、女性よりも頑丈にできている。このような肉体的な違いから、尿漏れに悩む女性は男性の約2〜3倍という統計もある。

40歳以上の12.4%が排尿障害

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆