紫外線だけではない! 毛穴を広げる"熱風"があなたを襲う!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
skin.jpg

夏こそたっぷり潤いを与えることが大切 cba/PIXTA(ピクスタ)

 日本各地で梅雨明けが進み、35度以上の猛暑日が続いている。7月初旬、1日の最高気温が猛暑日を記録した地点はひとつもない状態が続いていた。ところが9日以降、全国的に連日猛暑に見舞われ、観測史上1位の暑さを更新した地点がたくさん出ている。

 夏の強い日差しや紫外線は、皮膚に大きなダメージをあたえる。肌老化がもっとも進むシーズンだ。この夏の酷暑は、いつもより注意が必要だ。今年5月、大手化粧品メーカー「ポーラ」は、日本気象協会との共同研究で、夏の"毛穴の開き"に関わる気象環境についての研究を発表した。

 全国47都道府県で4年間(2010~2013年)に集めた、女性(120万人)の肌データの分析結果、同時期の気象データをもとに分析。その結果、日本には毛穴を開かせる夏特有の"山"と"海"から吹きこむ2種類の熱風があること、その影響で「毛穴面積」が約2倍になることを発見した。
 
 研究では、この熱風を「毛穴熱風」と名づけ、この直撃が肌老化の要因になると報告。毛穴の大きさを評価したところ、近畿、東海、北関東に住む女性の毛穴が大きい傾向にあることがわかった。

対面した男性が、あなたの毛穴を視認!

 研究によると、毛穴熱風に30分あたるだけで、毛穴の面積が約2倍に拡大するという。さらに、毛穴が開いた状態の肌では、キメが乱れていることも確認された。

 そこで気になるのは、他人の視線。実験では、視力1.0の男性に、どの位の離れた距離から毛穴を確認できるかを測定。すると、毛穴熱風にあたる前(通常の状態)は74cm、あたった後は95cmで、通常より21cm離れた所からでも毛穴が確認できた。

 これは、一般的なテーブル(約80cm)越しに向かい合って座っている場合、通常は心配はないが、毛穴熱風にあたった後では、毛穴が見られることになるという。

毛穴熱風が吹くのこんな地域

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘