ランドセルも危険? リュックサックで「背中や首に痛み」を訴える子どもが急増

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドセルも危険? リュックサックで「背中や首に痛み」を訴える子どもが急増の画像1

多くの子が推奨値以上の重さを背負っているbloodua/PIXTA(ピクスタ)

 背中に背負うカバン、いわゆるバックパックやリュックサックは、今季も注目されている"ファッションアイテム"。通学やレジャーにかぎらずタウンユースでも、カバンのトレンドだ。

 これまで"子どもっぽい"と敬遠されがちだったが、カジュアルファッションにかぎらず、通勤時のジャケットに合わせてもおかしくないシンプルなデザインも登場。近年では、デザイン性が高く、ノートパソコンの収納に適した機能性の高いものも少なくない。実用性を重視するビジネスシーンでも人気だ。

 そんな人気のバックパックだが、最近、「子どものうちからバックパックを使用していると、重大なケガや身体のダメージに繋がる可能性がある」という気になる報告があった。

子どもの半数以上が推奨値以上の重さを背負っている

 米国消費製品安全委員会(CPSC)によれば、2013年に全米の救急科で治療を受けたバックパック関連の損傷は5400件以上にもなった。米国カイロプラクティック協会労働衛生評議会(ACACOH)のScott Bautch氏は、「診療で、背中や首、肩の痛みを訴える低年齢児の数が著しく増えた。こうした患者にまず尋ねるのは『バックパックで通学しているか?』で、たいていは『そうだ』と答える」と話す。

 さらに米・理学療法協会の報告によると、アメリカの子どもの半数以上は、推奨値以上の重さのバックパックを背負っているという。

 Bautch氏は、バックパックの重さが子どもの体重の5~10%を超えないようにし、幅または高さが子どもの胴体より小さいものを使うよう勧めている。ショルダーストラップは幅広でパッド付きの調整できるものとし、子どもが持つ場合は常に、両方のストラップを使うべきだという。

 子どもの頃から重い荷物を、毎日背負っていると、どんなことが起きるか?

子どもの頃から重い荷物を背負っていると......

卵巣凍結・保存にかかる費用は?摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真