その重い荷物、本当に必要? バックパックで背中や首に痛みを訴える子どもが急増!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
backpack.jpg

多くの子が推奨値以上の重さを背負っているbloodua/PIXTA(ピクスタ)

 背中に背負うカバン、いわゆるバックパックやリュックサックは、今季も注目されている"ファッションアイテム"。通学やレジャーにかぎらずタウンユースでも、カバンのトレンドだ。

 これまで"子どもっぽい"と敬遠されがちだったが、カジュアルファッションにかぎらず、通勤時のジャケットに合わせてもおかしくないシンプルなデザインも登場。近年では、デザイン性が高く、ノートパソコンの収納に適した機能性の高いものも少なくない。実用性を重視するビジネスシーンでも人気だ。

 そんな人気のバックパックだが、最近、「子どものうちからバックパックを使用していると、重大なケガや身体のダメージに繋がる可能性がある」という気になる報告があった。

子どもの半数以上が推奨値以上の重さを背負っている

 米国消費製品安全委員会(CPSC)によれば、2013年に全米の救急科で治療を受けたバックパック関連の損傷は5400件以上にもなった。米国カイロプラクティック協会労働衛生評議会(ACACOH)のScott Bautch氏は、「診療で、背中や首、肩の痛みを訴える低年齢児の数が著しく増えた。こうした患者にまず尋ねるのは『バックパックで通学しているか?』で、たいていは『そうだ』と答える」と話す。

 さらに米・理学療法協会の報告によると、アメリカの子どもの半数以上は、推奨値以上の重さのバックパックを背負っているという。

 Bautch氏は、バックパックの重さが子どもの体重の5~10%を超えないようにし、幅または高さが子どもの胴体より小さいものを使うよう勧めている。ショルダーストラップは幅広でパッド付きの調整できるものとし、子どもが持つ場合は常に、両方のストラップを使うべきだという。

 子どもの頃から重い荷物を、毎日背負っていると、どんなことが起きるか?

子どもの頃から重い荷物を背負っていると......

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘