ハイキングで適切な靴を選ばないと、思わぬケガにつながることも!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_haiking.jpg

靴選びがハイキングの楽しさを左右する!?shutterstock.com

 米国では毎年3800万人以上の人がハイキングに行く。だが、足や踵の損傷を予防できるような適切な靴を準備していない人が多いと、専門家が指摘している。

 米マサチューセッツ州の足・足関節外科医Gregory Catalano氏は、米国足外科学会(ACFAS)のニュースリリースで、「ハイキングをする人が増え、より難しい場所に行くようになったため、どのレベルの山でもケガをする」と述べている。  

サイズが疲労感や怪我の可能性を大きく左右

 Catalano氏によると「ハイキング用の靴の選び方」のポイントは次のような点だ。

・山道用の頑丈な靴を履く。最近ではさまざまなタイプがあるが、急斜面やぬかるみ、でこぼこ道を歩くトレッキングや登山では、疲労を防ぎ、足のケガなどを防ぐためにも、作りのしっかりしたものがいい。専用の靴は不可欠だ。

・靴底のクッションも確認したい。ひざや腰などに負担がかからないため、疲労の軽減にもなる。足への衝撃を和らげ、湿気を逃がし、寒さを防ぐための靴下も大切だ。  

 次に注意したいのがサイズの選び方。

・サイズは普段履いている靴より、ワンサイズぐらい大きいものにする。

 合わせ方としては、少し厚めのソックスを履き、つま先を伸ばした状態で靴のつま先部分につくような状態で、軽くひざを曲げる。このとき、踵部分に人差し指がちょうど入るぐらいの余裕がベストだ。この隙間がないと、下り坂で爪を痛めてしまう。    

 サイズがきっちり合っているかどうかで、疲労感やひいてはケガの可能性も大きく左右する。ショップにある測定器などで実測して、自分の足の長さを正しく知ることも大切だ。また、人の足は午後になるとむくみで大きさが違ってくる。午前中よりは午後の遅めの時間に確認したい。

軽く考えてはいけないハイキングやトレッキングのケガ

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘