ラグビー日本代表、五郎丸歩選手は顔面骨折も! 「骨折で強くなる」は本当か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GOROMARU.jpg

果敢なプレーが注目された五郎丸歩選手

 4年に1度の「第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会」で、初の1大会3勝を挙げた、ラグビー日本代表。勝ち点の差によって、惜しくも決勝トーナメント進出はならなかったが、優勝候補の南アフリカ代表を破るなど、強豪国を撃破した果敢なプレーは国内外で称賛された。

 なかもでも、正確なゴールキックでチームに貢献、計58得点を挙げた五郎丸歩選手は、キック前に行う独特の「ルーティン・ポーズ」が注目されたこともあって、いまや“時の人”。その五郎丸選手が、あるテレビ番組のなかで視聴者からの質問「ラグビーをやっている息子が骨折したが、どうすればいいか?」に対して「骨はくっつきます、大丈夫!」と回答した。

 五郎丸選手は、中学生になるまでに8回骨折、2006年の「第60回東西学生対抗(全国大学オールスター)」では、顔面骨折という大きな負傷も経験している。コンタクトスポーツであるラグビーは、頻繁にケガをする恐れがあるスポーツ。少々の打撲や骨折は、日常茶飯事なのだろう。

「骨折で骨が強くなる」は本当か?

 だが、アスリートではない一般の人にとって骨折は大事だ。固定治療はイメージできるが、その先のリハビリや機能回復に関する知識はあまりないかもしれない。俗に「骨折を繰り返すと骨が強くなる」ともいわれるが、果たして本当なのか。

 結論から言えば、まったくの迷信。治癒の過程で、骨折や骨の欠損が起きた部分に、新しくできる不完全な骨組織「仮骨(かこつ)」が形成される。その時に“一時的に”骨が太くなるため、それが「骨が強くなった」という誤解を生んだ可能性がある。決して、強くなったわけでない。

放っておくと癒着して可動域や感覚が変化して慢性化

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔