「感染症」の記事一覧

台所でのスマホの感染に要注意! セキュリティ強化と同じくらい細菌感染に注意を

あなたのスマホは感染している――。日常生活に不可欠なツールとなったスマートフォンだが、思わぬ危険が潜んでいることをご存知だろう。 不正アクセスによる情報漏えいやウイルス感染などのニュースに不安をかられて、セキュリティを強化している人は多い。ウイルス対策に腐心する一方で…続きを読む

台所でのスマホの感染に要注意! セキュリティ強化と同じくらい細菌感染に注意を

アメリカで小児感染症にかかる大人が増加 "反ワクチン"運動が原因?

2014年12月、アメリカの元女優で映画監督のアンジェリーナ・ジョリーが水痘(水ぼうそう)にかかったため、自らの監督作品である『アンブロークン』のプレミアを欠席した。一方、同じく12月に米アイスホッケーリーグ(NHL)で流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が流行。5チームに所属…続きを読む

アメリカで小児感染症にかかる大人が増加

インフルエンザワクチンの流行予測は必ず当たるのか!?

インフルエンザワクチンの予防効果は、通常はワクチン接種後、およそ2週間で現れる。ただし、予防効果が期待できる期間は、成人で接種後2週~5カ月程度、13歳未満では2回接種後の2週~5カ月程度だ。 ここ数年来、ウイルス型の流行予測が的中しているために、予防効果の精度は高まっ…続きを読む

インフルエンザワクチンの流行予測は必ず当たるのか!?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太