連載「グローバリズムと日本の医療」第12回

朝に感染症にかかると症状が悪化! バイオロジカルクロックが狂いがちな夜勤の労働者は要注意

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
46043197.jpg

バイオロジカルクロックが狂いがちな夜勤の労働者は要注意(shutterstock.com)

 イギリスのケンブリッジ大学におけるマウスを使った実験結果によると、ウィルスに感染するタイミング(時間)によって、疾病の度合いが異なるという。ウィルス感染とバイオロジカルクロックの間には密接な関係がありそうだ。

 ケンブリッジ大学の研究グループは、インフルエンザウィルスもしくはヘルペスウィルスに感染したマウスを使って実験を行った。

 その結果、午前中にウィルスに感染すると、午後に同じウィルスに感染したマウスよりも細胞内での増殖が10倍以上になった。その原因として考えられることは、日周性リズム、つまりバイオロジカルクロックである。

細胞はバイオロジカルクロックから影響を受け環境変化に適合

 ウィルス感染症は、ウィルスが生物の細胞に入り込み繁殖することによって発症する。遺伝子の10%ほどは1日を通じてその活動を変化させており、その変化はバイオロジカルクロックによって管理されている。個々の細胞にはバイオロジカルクロックがあるのだが、各細胞はバイオロジカルクロックから影響を受け、昼夜を問わず日々の環境変化に適合している。

 ケンブリッジ大学の研究グループは、あるバイオロジカルクロック遺伝子(Bmal1)に着目した。この遺伝子は、マウスでも人間でも午後に活動のピークを迎える。研究の結果、このBmal1との関連が重要だということが判明した。

 Bmal1の活動が鈍い早朝は、ウィルスに感染する危険性が最も高くなる。このような結果から、バイオロジカルクロックが免疫システムに何らかの影響を与えていると考えられている。

杉田米行(すぎた・よねゆき)

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)。専門分野は国際関係と日米医療保険制度。

杉田米行の記事一覧

杉田米行
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆