「感染症」の記事一覧

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

丸の描かれたセロテープを、寝起きのお尻にペタリ。誰もが経験したあの「ぎょう虫検査」が、来年度からなくなるかもしれない――。 そもそもぎょう虫とは、白い糸のような姿をしている寄生虫だ。オスは2~5ミリ、メスは8~13ミリほどの大きさで、ヒトだけに寄生する。卵の状態で口に…続きを読む

「ぎょう虫検査」全国集団検査が廃止 感染を防ぐには?

高熱、飲み込めない、歩けない! 治療薬がない"手足口病"は大人がかかると重症化

38℃ほどの微熱。「少し食欲が落ちているな」と思った翌日、その足先にぽつぽつと赤いモノが......。時間が経つにつれて、発疹は手のひらや指、おしり、さらには喉の奥にまで――。 子どもの「手足口病」の発症例のひとつである。乳幼児や子どもが夏にかかる代表的な病気のひと…続きを読む

高熱、飲み込めない、歩けない! 治療薬がない

MERSは"水際作戦"では封じ込められない! 日本の危機管理はどうなっているのか?

MERS(中東呼吸器症候群)が韓国の医療機関で広がり、終息の兆しが見えない。1人の中東渡航者に端を発したMERSの感染患者は170人を越えた。 台湾が韓国への渡航制限を打ち出し、日本も韓国への渡航を縮小。日本とのソウル便を運航する韓国の航空各社は、8月上旬までの間に運航…続きを読む

MERSは
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太