「感染症」の記事一覧

リオ五輪目前! ジカ熱報道のウラで“セックスを控えるべき男性”がいる?

ジカウィルスに感染しても、「5人中4人」までは取りててて症状が現われないという傾向をご存じだろうか? 仮に症状があっても、発熱や発疹、関節痛や目の充血などありふれた軽いものが多い分、質が悪いのだ。 もちろん、最も恐ろしく重大なリスクは、妊娠中の胎児を襲う「小頭症」…続きを読む

リオ五輪目前! ジカ熱報道のウラで“セックスを控えるべき男性”がいる?

中村祐輔のシカゴだより~ジカ熱は予測以上に危険! 日本は「最悪のシナリオ」を想定しているか?

米国のCDC(Center for Disease Control and Prevention)は、「ジカ熱は当初考えていたよりも危険だ」とコメントした。 予想していたよりも、北限が広がっており、すでに30州に及んでいる。また、Science誌には、ジカ熱ウイルスが神…続きを読む

中村祐輔のシカゴだより~ジカ熱は予測以上に危険! 日本は「最悪のシナリオ」を想定しているか?

日本人の265万人以上、40歳以上の8割強が苦しむ「歯周病」は、天候急変から3日以内悪化する!?

四季の移り変わりに伴う病気や症状の総称は「季節病」。一方、日々の天候変化で起こる症状の総称は「気象病」。しかし、微妙な変わり目に著しい気象の変化が入り混じり、花粉も飛び散る昨今は、体中が悲鳴をあげて、原因も痛む部位/範囲も曖昧模糊としてきて困る。 頭痛/関節痛/神経痛、…続きを読む

日本人の265万人以上、40歳以上の8割強が苦しむ「歯周病」は、天候急変から3日以内悪化する!?
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子