「感染症」の記事一覧

最新のインフルエンザワクチンは鼻にスプレーするだけ!

秋は来るべき冬に備える時期。冬期の健康を維持するために、インフルエンザ対策も怠ってはいけない。重篤化すると死亡することもあるインフルエンザは、通常の風邪とは違って、ウイルスが感染して生じる病気だ。 感染すると2〜3日の潜伏期間を経て、たいていの場合、突然の高熱で発症する…続きを読む

最新のインフルエンザワクチンは鼻にスプレーするだけ!

ビルの冷却塔や配管の管理不十分で、レジオネラ菌が増殖し感染症の原因に!?

ニューヨーク市でレジオネラ症が流行している。その対処に追われるなか、米国政府による新たな2件の報告で、この疾患の原因が管理の不十分な温水浴槽、噴水、冷却塔などのさまざまな水源にあることが明らかにされた。この知見は「特に病院、長期療養施設、その他の医療施設など、影響を受けやす…続きを読む

ビルの冷却塔や配管の管理不十分で、レジオネラ菌が増殖し感染症の原因に!?

致死率27%のMERSパニック! ヒトからヒトへの感染はなぜ起きた?

MERS(中東呼吸器症候群)が韓国の医療機関で広がっている。6月22日、韓国保健福祉省は、MERSに感染して死亡した人が合計27人になったと発表。死者を含めた感染者数は、24日時点で179人に上っている。 MERSは、2012年にサウジアラビアで初めて発見され、中東を中…続きを読む

致死率27%のMERSパニック! ヒトからヒトへの感染はなぜ起きた?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆