「感染症」の記事一覧

日本人の265万人以上、40歳以上の8割強が苦しむ「歯周病」は、天候急変から3日以内悪化する!?

四季の移り変わりに伴う病気や症状の総称は「季節病」。一方、日々の天候変化で起こる症状の総称は「気象病」。しかし、微妙な変わり目に著しい気象の変化が入り混じり、花粉も飛び散る昨今は、体中が悲鳴をあげて、原因も痛む部位/範囲も曖昧模糊としてきて困る。 頭痛/関節痛/神経痛、…続きを読む

日本人の265万人以上、40歳以上の8割強が苦しむ「歯周病」は、天候急変から3日以内悪化する!?

冬に乳幼児が感染しやすい「ロタウイルス」~腹膜炎を併発して命の危険も!

子どもが罹りやすい冬の感染症は少なくない。今回はロタウイルスが猛威をふるうロタウイルス感染症を説明しよう。 ロタウイルス感染症は、1~4月頃に主に6カ月~2歳の乳幼児が罹る頻度が高いロタウイルスによる感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)だ。乳幼児の冬の急性下痢症の8割以上を…続きを読む

冬に乳幼児が感染しやすい「ロタウイルス」~腹膜炎を併発して命の危険も!

大人も罹る「おたふく風邪」で重症化! ワクチン接種で重篤化を回避する

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の流行が、全国的に拡大しつつある。 国立感染症研究所によると、第48週(11月23日~29日)の流行性耳下腺炎の報告数は全国で2401人。定点医療機関あたりの患者報告数が3.96人と最も多い佐賀県では、すでに注意報が発令されている。 し…続きを読む

大人も罹る「おたふく風邪」で重症化! ワクチン接種で重篤化を回避する
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆