「感染症」の記事一覧

チャーリー・シーンさんがHIV陽性を告白! 性豪エピソードに同情の声なし?

事前情報が世界を駆け巡っていたが、TV(NBC「Today」)で「私はHIV陽性者である事を認める……」と発言したチャーリー・シーンさん(50)の生出演告白にあらためて注目が集まっている。11月17日に申告した理由が「(密告者らの)脅迫行為を終わらせるため」というのも…続きを読む

チャーリー・シーンさんがHIV陽性を告白! 性豪エピソードに同情の声なし?

その咳、実は感染症? 流行の兆しをみせる「RSウイルス」

秋もまだ半ばだが、早くも感染症の"声"が聞こえてきた。 東京・調布市の小学校では今季初のインフルエンザによる学級閉鎖が起きている。東京都感染症対策課によると、例年12月頃に流行するが、発症は9月から増えるという。特に子どもや高齢者は、重い症状になりやすく、手洗いとうが…続きを読む

その咳、実は感染症? 流行の兆しをみせる「RSウイルス」

感染症を媒介する "蚊"を知る! 刺されやすい人と蚊が嫌う人の違いは?

寝入りばな、耳元で聞こえる"ブーン"という音――。起床したら蚊に刺された痕だらけ、という夏の思い出はないだろうか。厄介な存在だが、意外とその生態は知られていないことも多い。 蚊は、双翅目(そうしもく)・長角亜目(ちょうかくあもく)・蚊科に属する昆虫。9500万年前の化…続きを読む

感染症を媒介する
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志