「感染症」の記事一覧

夏にピークをむかえる「プール熱」は大人にもうつるので注意が必要!!

毎年6月、7月に流行のピークを迎える夏の感染症として知られる咽頭結膜熱、(一般的にはプール熱と呼ばれる)がじわじわと感染数を増やしている。おもに乳幼児を中心に発症することから注意が必要だが、第22週(2015年5月25日~5月31日、国立感染症研究所IDWR週報)の統計によ…続きを読む

夏にピークをむかえる「プール熱」は大人にもうつるので注意が必要!!

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

北朝鮮が昨年10月から続けていた「外国人や在外朝鮮人の入国禁止措置」を、3月上旬に解除した。エボラ出血熱の蔓延を防ぐための措置としていたが、遠い東アフリカで流行する感染症におびえる背景をめぐり、北朝鮮ウオッチャーの間で諸説とりざたされている。ただ、医療体制が脆弱で、流行性の…続きを読む

エボラ出血熱に怯えて外国人の入国禁止! 北朝鮮の驚愕の医療事情

風邪薬を買ってきて飲むことは百害あって一利なし!? 風邪を治す薬はない

ほとんどの医師は風邪薬を飲まない。なぜなら、風邪を治す薬はないからだ。 そもそも風邪は実はひとつの病気を指す言葉ではない。鼻水、鼻づまり、のどの軽い痛みや咳、38.5度未満の発熱など、喉から上の上気道に症状がとどまっている「かぜ症候群」またの名「普通感冒」であるが、その…続きを読む

風邪薬を買ってきて飲むことは百害あって一利なし!? 風邪を治す薬はない
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘