発病したら確実に死亡! 狂犬病ワクチンを接種していない犬が増えている不気味

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
331033-2.jpg

狂犬病ワクチンを接種している登録犬は71%(shutterstock.com)

 犬を飼っている人にとって、春は狂犬病ワクチン注射の季節。愛犬家の皆さんは、もう予防接種を済ませただろうか?

 この時期に、動物病院や臨時会場で、愛犬に狂犬病ワクチンを注射させるのは、すべての飼い主に義務づけられる毎年の恒例行事だ。実際、約20年前の平成5年までは、全国の99%の犬(登録犬)が予防接種を受けていた。

 しかし、ここにきて異変が起きている。平成26年には、なんと71%の犬しかワクチン接種していないのだ。しかもこれは、狂犬病予防法にのっとって登録された犬の割合。自治体に届け出をしないまま飼育されている未登録の犬が、全国に300〜400万頭以上いると推測される。

 実数としては、日本国内の半数以上の犬が、狂犬病予防をしていないと思われる。

 「狂犬病? 昔の病気でしょ」「もう日本にはないでしょ?」「犬の病気でしょ?」と思う人は少なくないだろう。また、「愛犬の体に負担(副作用など)をかけたくない」「終日家の中で過ごし、ほとんど外へ出ないから必要ない」と言ってはばからない飼い主もいる。

 これは専門家から見たら、大変恐ろしい事態である。日本では撲滅し、今や廃れたと思われがちな狂犬病だが、実はそう遠い存在ではない。

年間5万人以上が狂犬病で死亡

 そもそも狂犬病は、犬特有の病気ではない。れっきとした人畜共通感染症で、犬以外の動物、もちろん人間にもうつる。平成18年にフィリピンで犬に咬まれて狂犬病に感染し、日本帰国後に発病・死亡した男性2名のケース(輸入感染)は、専門家にとっては記憶に新しいところだ。

 また、狂犬病が国内で発生していないのは、日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデンなど、世界のわずか10数カ国のみ。多くの国では、狂犬病が今も健在だ。

 実に、世界全体で年間5万人以上が狂犬病で命を落としているとされる。

 主な感染源となる犬の予防対策を怠ったら、いつ何時、日本でも狂犬病が復活するかわからないのだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真