「感染症」の記事一覧

米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行! ただし、ヒトへの感染は心配なし

あのホットドッグ(hot dog)は「レッド・ホット・ダックスフンド・ソーセージ」がギュッと縮まって大いに流行ったもの。 だが、熱に浮かされて元気をなくした「喪家の狗(そうかのいぬ)」が米国の愛犬家たちを大いに悩ませている。ダックスフンドがマスタードを塗られ、捨てられた…続きを読む

米国でイヌの「インフルエンザ」が大流行! ただし、ヒトへの感染は心配なし

アトピー性皮膚炎を発症しているとインフルエンザワクチンの予防効果が低下する!

インフルエンザの流行は続いており、今から予防接種を受けても遅くはない。しかし、アトピー性皮膚炎のある人は皮内注射よりも筋肉注射を選ぶほうがよいことが、新たな研究で示された。アトピー性皮膚炎がある場合、注射の方法によって予防接種の効果に差が出る場合があるという。ブドウ球菌…続きを読む

アトピー性皮膚炎を発症しているとインフルエンザワクチンの予防効果が低下する!

風邪に「抗菌薬」は効かない! しかし約45%の医師が処方せざるをえない現状はなぜか?

天地開闢(かいびゃく)の神代から「恋の病に薬なし」「馬鹿に付ける薬なし」だったのだろう。恋煩いは手の施しようがないし、馬鹿はお手上げだからだ。 ところが、世間は「病み女に風邪引き男」とシャレて粋狂を愉しんだりする。患い女の目は、うるんで色っぽい。風邪引き男の喉に巻いた白…続きを読む

風邪に「抗菌薬」は効かない! しかし約45%の医師が処方せざるをえない現状はなぜか?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太