「感染症」の記事一覧

妊婦にとって冬場の「冷え・むくみ」は大敵! 春以降の渡航では「ジカ熱」に十分注意を!

気象庁によれば、東京都内の2月平均最低気温は、−2.8℃。2月は空気が乾燥し、寒さで体の抵抗力が一気に低下するため、ウイルスや細菌による感染症のリスクが高まる。 しかも、部屋にこもりがちで運動不足になりやすいので、血流が悪くなり、体温が下がる。体温が1度下がると抵抗力が…続きを読む

妊婦にとって冬場の「冷え・むくみ」は大敵! 春以降の渡航では「ジカ熱」に十分注意を!

男性の両目の写真を掲示し柑橘系の爽やかな香りを漂わせると手洗い率が高くなる?

この冬、今まで獲得した免疫では防ぐことができない「新型ノロウイルス」の流行が懸念されている。昨年12月24日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が1週間で3万人を超えたとして、国立感染症研究所が調理や食事前の手洗いを徹底するよう注意を呼びかけた。 やはり、感染症…続きを読む

男性の両目の写真を掲示し柑橘系の爽やかな香りを漂わせると手洗い率が高くなる?

ノロやインフルエンザの予防にも! ?「洗えるスマホ」登場で注目されるスマホの清潔度

多くの人にとって、もっとも手に触れる機会の多い電子機器といえば、なんといってもスマートフォン。トイレに持ち込み、用便中に操作する人もけっして少なくないはず。また、キッチンでの調理中にレシピを確認したり、急な電話でスマホを操作することもあるだろう。 米カンザス州立大学の…続きを読む

ノロやインフルエンザの予防にも! ?「洗えるスマホ」登場で注目されるスマホの清潔度
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛