診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場の画像1

新ドライアイ診断基準で患者が3割も増加(depositphotos.com)

 あなたは今から10秒間、まばたきをせずに目を開けていられるだろうか? また次の12項目で該当する症状はいくつあるだろうか?

□:目が疲れる

□:目が乾いた感じがする

□:ものがかすんで見える

□:目に不快感がある

□:目が痛い

□:目が赤い

□:目が重たい感じがする

□:涙が出る

□:目がかゆい

□:光を見るとまぶしい

□:目がごろごろする

□:めやにが出る

 10秒間まばたきを我慢できなかった、あるいは、チェック項目に5つ以上当てはまれば、「ドライアイ」の可能性がある(日本眼科学会のサイトより)。
 
 目の疾患の中でも軽視されがちなドライアイだが、あなたの疲労感や肩凝り、イライラの原因は、ここにあるのかもしれない。注意が必要だ。

 ドライアイの患者は日本に2200万人、世界に10億人いると推測されている。その原因は、涙の異常。涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下したりすることで、目の表面を潤す力が衰えている状態だ。

 涙の主成分は水だが、「ムチン層」「水」「油層」の3構造から成り立っている薄い膜である。これらの成分のバランスが崩れると、涙は蒸発しやすくなる。つまり、涙の質が低下するのだ。

 そして、2016年に「ドライアイ診断基準」が改定され、ドライアイ患者が3割も増加しているという。

脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆