診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診断基準の改定でドライアイ患者が3割増える! 予防に世界初の測定アプリも登場の画像1

新ドライアイ診断基準で患者が3割も増加(depositphotos.com)

 あなたは今から10秒間、まばたきをせずに目を開けていられるだろうか? また次の12項目で該当する症状はいくつあるだろうか?

□:目が疲れる

□:目が乾いた感じがする

□:ものがかすんで見える

□:目に不快感がある

□:目が痛い

□:目が赤い

□:目が重たい感じがする

□:涙が出る

□:目がかゆい

□:光を見るとまぶしい

□:目がごろごろする

□:めやにが出る

 10秒間まばたきを我慢できなかった、あるいは、チェック項目に5つ以上当てはまれば、「ドライアイ」の可能性がある(日本眼科学会のサイトより)。
 
 目の疾患の中でも軽視されがちなドライアイだが、あなたの疲労感や肩凝り、イライラの原因は、ここにあるのかもしれない。注意が必要だ。

 ドライアイの患者は日本に2200万人、世界に10億人いると推測されている。その原因は、涙の異常。涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下したりすることで、目の表面を潤す力が衰えている状態だ。

 涙の主成分は水だが、「ムチン層」「水」「油層」の3構造から成り立っている薄い膜である。これらの成分のバランスが崩れると、涙は蒸発しやすくなる。つまり、涙の質が低下するのだ。

 そして、2016年に「ドライアイ診断基準」が改定され、ドライアイ患者が3割も増加しているという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆