「記憶」が私を太らせる! 肥満の人の脳は高カロリーの食べ物に反応しやすい!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
929890-2.jpg

高カロリーのものを食べたくなるのは記憶のせい?(shutterstock.com)

 人間の食欲と記憶は、密接に関係している――。

 こんなエピソードがある。日本人の女子学生が米国に留学し、現地の女子学生とルームシェアをしたときのこと。引越しの日、2人は荷物を運び込み、部屋が片付いたのは夜遅く。くたくたになった2人は、昼も夜も食べていないことに気づいた。そのとき、日本人の女の子は「あーあ、さっぱりと、たくあんでお茶漬けが食べたい」と言い、アメリカ人の女の子は「あーあ、たっぷりとバターとジャムをぬったトーストが食べたい」と言ったという。

 私たちが何か食べたいと思うとき、それは記憶にあるもの、過去に食べて美味しかった食べ物を思い出すはずだ。日本人とアメリカ人では、育った食生活の環境が違うから、肉体労働の後で食べたいと欲する食べ物も違ってくるのは当然だ。

 「お腹が減った」「甘いチョコレートが食べたい」と思うのは、胃ではなく脳である。血液中のブドウ糖など、さまざまな物質の濃度が低くなり、脂肪が燃焼すると、脳の視床下部にある食欲中枢が指令を出し、空腹を感じる。反対に、血液中のブドウ糖、セロトニン、レプチン、脂肪、タンパク質などが増加すると、食欲中枢が出す指令によって満腹を感じる。

 このような単純な仕組みであれば、余分に食べることはないので、肥満にはならない。しかし、人間の脳は、食欲中枢のような本能的な機能をつかさどる部位の外側に、感情や記憶といった高次な機能をつかさどる部位が発達している。そして、この高次な脳の働きのために、たとえ空腹ではなくても、食欲を刺激する。

美味しいものの記憶が、私たちを太らせる!?

 高次な脳の機能が私たち人間を太らせる――。これに関する新たな研究結果が、米国代謝・減量手術学会および肥満学会が主催するObesity Week2015で発表された。

 それによると、「チョコレート・スプレット」や「チキンウィング」など高カロリーな食品を説明する言葉を見たとき、肥満患者は正常体重者に比べ脳の広い範囲で反応があったという。また、ストレスを感じたときには、肥満患者も正常体重者も高カロリー食品に反応したが、その後、食事量が多かったのは肥満患者だけだったという。

 肥満患者はもともと高カロリーなものを嗜好し、また「それを食べたい」と感じると、我慢できない傾向があるのかもしれない。

匂いのと結びついた記憶を即座に引き出す「プルースト効果」

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛