インタビュー「離島の人命を救うことから生まれた~MEC食と噛むだけダイエット」第1回 こくらクリニック・渡辺信幸院長

離島医療から生まれた“究極のダイエット”~MEC食と噛むだけダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pig.jpg

沖縄では豚を「鳴き声以外は全て食べる」サガルマータ/PIXTA(ピクスタ)

 “健康長寿の島”から“メタボ島”と言われる沖縄。沖縄県は働き盛りの死亡率が全国的に高く、急性心筋梗塞や脳血管疾患で死亡する人が多い。生活習慣病のリスクを高める「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」該当者と予備軍を合わせると、男女とも40代以上で全国平均を上回っている。

 その沖縄で20年以上診療した経験から、肥満、生活習慣病の原因を解明した医師がいる。「こくらクリニック」(沖縄県那覇市)院長の渡辺信幸医師だ。食事を変えるだけで肥満、メタボが劇的に改善することで、日々、実際の診療で指導し、驚く程の効果をあげている。

 「これまで4000人を超える患者さんのダイエットを成功させてきました。成功率は90%以上で、体への無理な負担もリバウンドもありません。生活習慣病の改善に熱心に取り組むようになったのは、離島医療に携わってきた経験によるもの」

 赴任先では、島外搬送を余儀なくされる重い病気にならないよう、全島民の健康に目配りする義務があった渡辺医師は、肥満を解消すれば「メタボリックドミノ」が防げることにたどり着いたのだ。

「ダイエットには運動が不可欠」は間違い

 いわゆる「メタボ」とは、内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態を指す。このメタボを放置していると、ドミノ倒しのように脳卒中や心筋梗塞などの疾患に見舞われる。これが「メタボリックドミノだ。

 その引き金となるのが肥満だが、沖縄では暑さなどから運動する習慣に乏しい。渡辺医師は「肥満の人は、その体重から膝や腰を痛めているケースも多く、運動をしてやせることができない。沖縄は気温が高く、高齢の方などが運動するのはむしろ危険です。脱水症状によって、熱中症や脳梗塞を引き起こすことがあります。そもそも、ダイエット効果の観点からも運動は効果的ではない」と語る。
 
 そこで、渡辺医師は試行錯誤の末、誰もが簡単にできて継続できる2つの方法を指導した。

①ひと口30回噛む。
②「MEC食」(肉:Meat・卵:Egg・チーズ:Cheese)をたっぷり食べて炭水化物を控える。

 「肥満の原因は『穀物・果物・野菜』に含まれる炭水化物(糖質)の食べ過ぎによるもの。『肉を食べたら太る』や『ダイエットには運動が不可欠』は間違いです。ダイエット成功の鍵はこの2つを実行するだけ」

血糖値・中性脂肪値・尿酸値などの数値がすべて正常に

渡辺信幸(わたなべ・のりゆき)

1963年生まれ。1991年名古屋大医学部卒業後、医療法人沖縄徳州会中部徳洲会病院に入職。伊良部島診療所院長、宮古島、石垣島徳洲会病院、徳州会新都心クリニック院長を経て2010年6月徳州会こくらクリニック(那覇市)院長に(現職)。離島、救急医療の経験から、予防医療の重要性を説き、MEC食の啓発活動に至る。著書に『一生太らない体をつくる「噛むだけ」ダイエット』『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな~肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』『「野菜中心」をやめなさい~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる』『肉食やせ! 肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111!』。テレビ出演『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)、『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日)。全国で講演活動。自らがラジオ番組のパーソナリティーを務めるFMレキオ80.6MHz「なべちゃんのレキオでダイエット」も好評。

渡辺信幸の記事一覧

渡辺信幸
20〜30代の「更年期障害」の治療法は?  女性ホルモン(エストロゲン)や漢方薬はどう使うのか?
インタビュー「若年性更年期障害」第2回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授1986年東…

高橋現一郎

"1988年 東京大学医学部卒業。1992年東京…

後藤利夫