小林麻央さんの乳がんも見落とし!? 最新研究「40歳から毎年マンモグラフィ検診」推奨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小林麻央さんにも「マンモグラフィー」の見落とし!最新研究では「は40歳から毎年検診」を推奨の画像1

年1回のマンモグラフィ検査で乳がん死が減るのか?(depositphotos.com)

 6月22日、乳がんのために34歳の若さで亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん――。闘病生活を綴ったブログとその死は多くの人々に影響を与え、女性にとっては乳がんを自分自身の問題として考えるきっかけになった。

 乳がんを早期発見するために効果的なのは、定期的な「がん検診」だ。日本では「40歳以上の女性」に「2年に1度」の乳がん検診を受けることを薦めている。その乳がん検診で行われるのが、乳房エックス線検査(以下マンモグラフィ)だ。

なぜマンモグラフィは「40歳以上」?

 ところで、麻央さんのように「30代以下」で乳がんに罹る人の数は年々増えていると言われる。それなのにマンモグラフィ検診が「40代以上」を対象としているのはなぜか?

 それは、30代以下のマンモグラフィ検診が、乳がんによる死亡を減らすという明確なエビデンスがないからだ。30代以下の乳がんは滅多に見つからない。そのため、がんを発見できるメリットよりも検診によるデメリットのほうが大きいのだ。

 乳腺が発達している20〜30代は、乳腺密度が高いため、マンモグラフィでは乳腺とがんによるしこりを判別しにくい。どちらも同じように白く写るからだ。そのため、本当はがんではないのに「疑いあり」とされる偽陽性も起こりやすくなる。

 その結果、不要な検査や過剰治療によって手術を受けたり、放射線を被曝したり、不安感や精神的なストレスを感じたり、進行しない微少ながんの発見に繋がるリスクも負わなければならない。このような不利益が利益よりも大きいことから、30代以下の検診プログラムは設定されていないのだ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛