小林麻央さんの乳がんも見落とし!? 最新研究「40歳から毎年マンモグラフィ検診」推奨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小林麻央さんにも「マンモグラフィー」の見落とし!最新研究では「は40歳から毎年検診」を推奨の画像1

年1回のマンモグラフィ検査で乳がん死が減るのか?(depositphotos.com)

 6月22日、乳がんのために34歳の若さで亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん――。闘病生活を綴ったブログとその死は多くの人々に影響を与え、女性にとっては乳がんを自分自身の問題として考えるきっかけになった。

 乳がんを早期発見するために効果的なのは、定期的な「がん検診」だ。日本では「40歳以上の女性」に「2年に1度」の乳がん検診を受けることを薦めている。その乳がん検診で行われるのが、乳房エックス線検査(以下マンモグラフィ)だ。

なぜマンモグラフィは「40歳以上」?

 ところで、麻央さんのように「30代以下」で乳がんに罹る人の数は年々増えていると言われる。それなのにマンモグラフィ検診が「40代以上」を対象としているのはなぜか?

 それは、30代以下のマンモグラフィ検診が、乳がんによる死亡を減らすという明確なエビデンスがないからだ。30代以下の乳がんは滅多に見つからない。そのため、がんを発見できるメリットよりも検診によるデメリットのほうが大きいのだ。

 乳腺が発達している20〜30代は、乳腺密度が高いため、マンモグラフィでは乳腺とがんによるしこりを判別しにくい。どちらも同じように白く写るからだ。そのため、本当はがんではないのに「疑いあり」とされる偽陽性も起こりやすくなる。

 その結果、不要な検査や過剰治療によって手術を受けたり、放射線を被曝したり、不安感や精神的なストレスを感じたり、進行しない微少ながんの発見に繋がるリスクも負わなければならない。このような不利益が利益よりも大きいことから、30代以下の検診プログラムは設定されていないのだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘