「がん免疫療法」の新技術が本格化! 気になる最新知見が国際シンポジウムで登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「がん免疫療法」の新技術が本格化! 気になる最新知見が国際シンポジウムで登場の画像1

今回のシンポジウムのトピックは「がん免疫療法」(depositphotos.com)

 10月12~13日、アメリカ・ワシントンDCで開催された「がん免疫とがん免疫療法」のシンポジウムに参加した。

 このシンポジウムは、15年ほど前から「National Cancer Institute(NCI)」が主催するもので、世界でトップクラスのがん免疫学者や、がん免疫療法に取り組む研究者が集う。

 今年は約1500人が参加登録したとのこと。参加者は近年増えてきており、私が参加し始めた頃に比べて、がん免疫療法への関心の高さを感じる。オーガナイザーは、がん免疫療法界を30年以上牽引してきたNCIのSteven Rosenberg博士で、自身も発表を行った。

 世界一流のがん免疫学者の集まりゆえ、まだまだ臨床的に確立していない最新治療も発表された。しかし、<がん免疫療法の向かうべき道>が垣間見えた、高度なシンポジウムになったといえる。

新技術で80%以上の完全寛快

 「がん免疫療法」は、「免疫チェックポイント阻害剤」(抗 PD-L1 抗体:薬剤名オプジーボ、キイトルーダなど)の登場で画期的な臨床効果を出しつつある。

 がん細胞が<免疫にブレーキをかけている>状態では、免疫はがん細胞を攻撃できない。「免疫チェックポイント阻害薬」は、がん細胞が<免疫にブレーキをかける>仕組みに働きかけ、その<ブレーキを外す>ことで免疫細胞に本来の力を発揮させる。

 私も、拙書『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』で一般の人にもわかりやすく解説してきた。

 今回のシンポジウムで注目したのは、<新たな技術の本格化>だ。その新技術とは「CAR-T療法」である。アメリカ食品医薬品局(FDA)も10月18日、血液のがんの治療として新薬「アキシカブタゲン・シロロイセル(商品名イエスカルタ)」を承認した。

 CAR-T療法は、患者の体から免疫に関わる細胞を取り出して遺伝子を改変し、再び体に戻すというものだ。若年者のB細胞リンパ腫に対して80%以上の完全寛快を得た――というすばらしい成績を得てる。

 治療対象となるのは、「びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫」などの成人患者で、2種類以上の治療を受けた後、効果がなかったか再発した人とされている。

 現時点では比較的に稀な疾患にしか適応されないが、「CAR-T療法」が実際に患者への治療に用いられることで、新たな課題や問題点が浮き彫りになり、さらに改善されていくはずだ。

 当然、頻度の高い難治性のがんに対して、CAR-T療法を試みることはすでに始まっている。今はまだ十分な成果が出ていないが、必ず実際の臨床においても応用可能なものが出てくるに違いない。

 問題は、治療費用がとても高額(アメリカでの表示価格は37万3000ドル:およそ4200万円)なこと。だが一方で、治療から1カ月後の効果を調べて<効いていれば料金を支払う>という、成功報酬的な設定も検討されている。<医療費の新しいあり方>を考える機会にもなっており、今後の議論に注視したい。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆