タトゥーを入れるとMRI検査を受けられなくなるは本当か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タトゥーを入れるとMRI検査を受けられなくなるは本当か?の画像1

タトゥーがあるとMRI検査で熱傷を起こす?(depositphotos.com)

 タトゥー(入れ墨)の施術が医療行為かそうでないかをめぐる刑事訴訟は控訴審へ進み、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は、2019年9月に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)の出場選手にタトゥーを隠すよう指示する方針も報じられるなど、ますます混迷を深める日本のタトゥー論争。
 
日本ではタトゥーで暴力団を連想する人も多く、タトゥー容認派と否定派との議論は平行線だ。タトゥーに否定的な人たちの中には、その医療的なリスクの指摘もされている。具体的には、タトゥーの入った状態でMRIという医療検査機器を使うと、部分熱傷(やけど)を引き起こしてしまうという指摘だ。

MRI検査とはどのような機械なのか?CT検査との違いとは?

 MRIは正式には「核磁気共鳴画像法」という名前の画像診断システムだ。強い磁場を発生させ体内の水分に電磁波をあて、跳ね返ってきた情報を画像化する仕組みになっており、水分を多く含む臓器や血管などの柔らかい組織(軟部組織)の撮影に向いている。脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、脳血管疾患、椎間板ヘルニア、生殖器関連疾患などの診断に適している。
 
この検査では、強力な磁力を使用しており、磁性を帯びる可能性がある金属などは、装置内で発熱するなどさまざまな障害が発生する可能性があるため、持込が禁止されている。
 
もうひとつの画像診断のシステムとしては、CT(コンピュータ断層撮影)がよく知られている。CTスキャンは組織のX線透過の差異をとらえて画像を処理するため、水分が少なくX線を透過しにくい骨などの撮影に多用される。
 
部位としては頭部、歯、肺、腹部、骨などで、頭部外傷や脳出血、肺がん、肺炎、結核、胸水、腹水などの診断に適しているといわれ、リスクとしては放射線を使用する検査のため、多少の被爆が発生する。
 
病気の部位や症状によって、医療者はMRIとCTの適切なほうを選択する。

MRI検査ではコンタクトレンズも日焼け止めもだめ?

 国立国際医療研究センター病院ではMRIの検査前の注意事項としてとして次のような説明がある。
<MRI検査室内は強力な磁場が発生していますので、検査の受けられない方や室内に持ち込めないものがあります>
●次の方は検査が受けられません。
心臓ペースメーカーや人工内耳を体内に装着している方
●次の方は検査が受けられないことがあるため、あらかじめ担当者にお知らせください。
体内に脳動脈クリップや人工関節などの金属が埋め込まれている方。以前に外科手術を受けたことがある方。妊娠されている、またはその可能性がある方。狭いところが苦手(閉所恐怖症)な方。刺青のある方。
●次の物は故障や検査に影響することがありますので、検査前に必ず取り外しておいてください。
金属類:携帯電話、時計、ヘアピン、カギ、メガネ、アクセサリー類 など。
磁気カード:キャッシュカード、クレジットカード、定期券 など。
その他:補聴器、義歯、カイロ、エレキバン、ベルト、金属のある下着、アイメイク など。
 
 上記のほかにも、コンタクトレンズには酸化鉄などの金属を含むものがあり、装着したままMRIを実施すると、発熱により角膜や眼球への障害が起こるとする病院もある。また、アメリカではアイライナー、眉毛、リップライナーなど化粧目的の顔面タトゥー、金属を含む発汗抑制剤や日焼け止め剤などでも熱傷の起こる可能性が指摘されている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆