インタビュー「睡眠障害治療の最前線」前編:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!? の画像1

睡眠の謎 ショートスリーパーはなぜ眠らない?(depositphotos.com)

 日本は世界でも有数の“睡眠不足大国”として知られているが、個人差はあるものの、多くの人にとっては6~8時間程度眠ることが最適だということがわかっている。

「自分はショートスリーパーだから、短い睡眠で大丈夫」というのは無理があるという。本当に睡眠時間が5時間未満のショートスリーパーだと判明するのは、100人中1人いるかいないかだとされている。

「人はなぜ眠るのか?」と考えることはないだろうか。よくよく考えてみたら、毎日眠らないと生きていけないというのは不思議なことかもしれない。しかし、最新の研究をもってしても、人がなぜ眠らなければならないのかは、よくわかっていない。

 眠りについて少しおさらいをすると、睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」という2つのタイプがある。寝るとまず「ノンレム睡眠」が、続いて「レム睡眠」が出現して、90〜120分おきに交互に繰り返しているとされている。

 ノンレム睡眠は、体と脳の両方が休息している睡眠で眠りの深さにより3段階に分かれている。目が覚めやすい浅いノンレム睡眠を経て、深いノンレム睡眠である「深睡眠(徐波睡眠)」に至るのに、約30分を要する。一方のレム睡眠は、全身の筋肉は弛緩しているが、大脳は活発に活動している状態。レム睡眠のときには、明瞭な夢を見ていることが多い。

 ヒトの睡眠について、どこまでわかっていて、どこからがまだ解明されていないのか。筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の佐藤誠教授に話を聞いた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆