夜間に子どもの具合が悪くなった時 「遠隔診療」で診てもらいたい !~育児中の女医の経験

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夜間に子どもの具合が悪くなった時に「遠隔診療」で診てもらいたい ~育児中の女医の経験の画像1

夜間・休日の「遠隔診療」の充実を(depositphotos.com)

 夜間や休日に子供の具合が悪くなった時、どうしますか? 「対処方法が正しいか?」「診療時間外に病院を受診した方が良いか?」など判断に迷いませんか?

 私は、現在、いわき市(福島県)で、1歳児の育児中の内科医です。先日、金曜日の夕方に子供が発熱しました。その夜、40度を超す発熱が続きましたが、比較的元気で水分摂取もできましたので、自宅で様子を見ました。

 そして、土曜日、小児科の通常診療を行っている医院を探して受診しました。鼻汁と咳もありましたので去痰剤を処方されましたが、「かかりつけではないので、週明けに熱が続いていたら、かかりつけ医を受診して下さい」と言われたのみで、状態についての十分な説明も解熱剤の処方もありませんでした。

 受診後も発熱が持続し、子供の活気もだんだんなくなってきて、解熱剤が必要と考えたため、薬局で購入して対応しました。土曜日の夜から皮疹が出現しましたが、何とか水分をとることはでき、尿も出ていましたので、緊急で時間外診療を受診する状態ではないと考え、週明けまで自宅で様子を見ました。

医学的知識があっても「受診の必要性の判断」は難しい

 インターネットで調べたところ、いわき市の「休日・夜間診察病院」は1か所のみでした。1か所しかない救急病院ですので、特に緊急性のない受診は控えるべきと考えます。

 しかし、受診の必要性の判断は難しいと思います。医学的知識があっても不安になります。子供のつらそうな様子をずっと見ていたり、周囲から「本当に大丈夫?」「病院に行かなくてよいの?」と言われたりすると、不安は増します。

 特に夜は、人間を不安にし、時間の経過を遅く感じさせます。さらに、子供の病状は刻々と変化します。このような時、「安心」と「安全」は違うものだということを実感します。

 最近はウェブサイト「こどもの救急」など判断の参考にできる情報もいろいろと入手できます(註1)。また、厚生労働省の提供する小児救急電話相談(#8000)で電話相談をするという方法もあります。

いわき市の「こども救急電話相談」の件数1713件は少なすぎる

 平成25年度の実績報告では、いわき市の「こども救急電話相談」の件数は1713件(のべ365日)でした(註2)。平均すると1日あたり4〜5件の計算になります。しかし、いわき市の人口が(34万6119人)、年少人口(0〜14歳)が4万1102人(平成29年4月1日現在)であることから考えると、少ない印象です(註3)。

 手段を知らない場合も多いのかもしれません。そして知っていたとしても、「自分が子供の状態を正確に把握できるか?」「状況を十分に説明できるか?」などと考えると、時間外受診を第一選択とするかもしれません。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇