「2年以内に辞める」米国・医師4人に1人~日本でも過労死寸前の勤務実態が発覚

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「2年以内に辞める」米国・医師の4人に1人が回答~「燃え尽き症候群」と「自己犠牲」の画像1

米国で約25%が「2年以内に医師を辞めるつもり」と回答(depositphotos.com)

 5人に1人が「(1年以内に)勤務時間を短縮したい」と考え、50人に1人の割合で「(2年以内に)違う職種に転向する予定」との回答を寄せた――。

 そう聞いてあなたは、どの国のどんな職種の人々の本音だと連想するだろうか?

 じつはこれ、米国医師会(AMA)などの研究班が行なった調査から浮き彫りにされた、米国・現役医師らの意向実態である。

 『Mayo Clinic Proceedings』11月号に掲載された報告論文によれば、AMAとメイヨークリニックおよびスタンフォード大学の研究陣が共同実施した同調査(期間:2014年8~10月)の対象は、全米のあらゆる専門領域を担う医師たち――。

 その数、3万5922人が選ばれ、そのうち有効な回答が得られた6880人(平均年齢56歳)の声々が集計された。

 結果、調査時点で診察に携わっていた6695人中の約2割(19.8%)が現在の診療時間を<今後1年以内に「必ず」ないしは「おそらく」短縮するつもり>との回答を選択していた。

 また、現在の職場を「向こう2年以内に辞めるつもり」だと考えている医師の割合も26.6%に上り、同じく2年以内で「職種自体を転向する予定」と答えた脱・医師が全体の1.9%いた。

燃え尽き・不調和・電子化……

 このように全米の現役医師らが、診療時間の短縮や誇りある職業からの転向を志向する背景は何か? 報告によれば、集計結果から読み取れた実態として次の3大要素が大きく影響していたそうだ。

 ①燃え尽き症候群(burnout:オッズ比1.81)、②仕事と生活の調和(work-life balane:同1.65)が保たれないことへの不満、③電子カルテ(Electronic Medical Records:同1.65)の普及に伴う作業への不満。

 こうした結果が物語る事態の深刻さは、研究班の次のような見解からも伝わってくる。

 「<医師以外の職種に転向する予定>と回答した中から、実際に3割がプラン通りに離職した場合、私たち米国民は約4800人の現役医師を失う計算となる……」

 「一方、こうした医師たちの転職に伴ない新たな人材を雇用することは、施設側のコスト増につながるばかりでなく、患者や他のスタッフなどにも混乱をもたらす可能性が大いにある」

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆