連載第3回 ここまで治る! 放射線治療

知ってますか? 高速粒子線・ガンマ線・エックス線...活躍するさまざまな放射線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 放射線治療にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線、中性子線、重粒子線が用いられる。このうちアルファ線、ベータ線、中性子線、重粒子線は高速粒子線に、ガンマ線、エックス線は電磁波(高エネルギー)に大きく分類される。

 「ホウ素中性子補足療法」は、中性子と増感効果のあるホウ素との反応を利用し、正常な細胞にはあまり損傷を与えず、腫瘍細胞だけを選択的に破壊する。ホウ素の原子核が中性子を捕捉する際に放出されるアルファ線によって治療される。

 しかし、医療に必要な中性子を得るには原子炉が必要で、まだ実験段階だ。日本では、京都大学附属原子炉と日本原子力開発機構でしか治療できない。

ガンマ線とエックス線の特徴

 ガンマ線は、コバルト60やセシウム137などの放射性物質が自然崩壊することで発生する。コバルト60のガンマ線は、人体の深部まで透過できるので、これまでがんの治療に広く使用されてきた。このコバルト60から発生するガンマ線を用いる頭部専用定位放射線手術が、「ガンマナイフ治療」である。

 エックス線は、ガンマ線と同じ特徴をもっているが、発生の仕方が異なる。高速の電子が金属にぶつかって停止すると、電磁波の形でエネルギーが発生する。この現象は、レントゲン博士によって1895年に初めて発見された。

 レントゲン博士は、この放射線をエックス線と命名。エックス線を用いる放射線治療は、リニアックやガンマナイフと同様に「エックスナイフ」と呼ばれる。定位的に全身の治療が可能で、サイバーナイフ、ノバリス・シナジー、トモセラピーなどがある。

話題の重粒子線治療は高額医療の代表

 いま話題の重粒子線治療は、装置や稼動施設に120億円ほどかかり、高額で装置が大掛かりだ。日本では4カ所にしか施設がない。医療保険の適応がないので、治療費は300万以上かかる。

 重粒子線の特徴は、ピンポイントでありながら高線量で腫瘍部位を狙うことができ、周辺の正常な組織に対する影響が少ないことだ。治療は、独立行政法人放射線医学総合研究所、重粒子線医科学センター病院、群馬大学重粒子線医学研究センター、九州国際重粒子線がん治療センターで受けることができる。

"迎撃ミサイルが動く標的を打ち落とす"

 定位放射線照射は、定位放射線手術と定位放射線治療に大別される。ガンマナイフ治療は定位放射線手術に属し、頭部専用の器具でメスを用いずに放射線で手術することが可能だ。

housyasen3.jpg"

ガンマナイフは定位脳手術が原点

 一方、定位放射線治療は全身の治療が可能で、サイバーナイフ、ノバリス・シナジー、トモセラピーなどがある。重要な臓器を避けて、動く病巣を多方向、多箇所から照射することができる。まさに、"迎撃ミサイルが動く標的を打ち落とす"技術の応用だ。

 「強度変調放射線治療」は、腫瘍内に当てる放射線の強度を変えることができる。そのため、周辺の重要な臓器の被曝を減らし、腫瘍部を強力に治療する。また、画像情報をもとにして、患者さんの位置誤差を補正しながら、正確に治療を行う技術が「画像誘導放射線治療」である。


new_Drtakahashi.jpg

高橋伸明(たかはし のぶあき)
福岡記念クリニック院長
脳神経外科医

還暦を期にメスを置き、新たにガンマナイフを駆使した治療を精力的に実施。ガンマナイフ治療および放射線治療・検査の第一人者。1973年鳥取大学医学部卒業後、北野病院、国立循環器病センター(ともに大阪府)を経て、1983年小文字病院(福岡県)副院長(脳神経外科部長)。福岡記念病院副院長(脳神経外科部長)を経て、同院院長、2009年に同院名誉院長に就任。2014年現職。
連載「ここまで治る! 放射線治療」バックナンバー

高橋伸明(たかはし・のぶあき)

福岡記念クリニック院長。脳神経外科医。還暦を期にメスを置き、新たにガンマナイフを駆使した治療を精力的に実施。ガンマナイフ治療および放射線治療・検査の第一人者。1973年、鳥取大学医学部卒業後、北野病院、国立循環器病センター(ともに大阪府)を経て、1983年、小文字病院(福岡県)副院長(脳神経外科部長)。福岡記念病院副院長(脳神経外科部長)を経て、同院院長、2009年に同院名誉院長に就任。2014年より現職。

高橋伸明の記事一覧

高橋伸明
若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫