美人女優の激太りは「自律神経」が原因? ~30代女性に増えている原因不明の不調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30w.jpg

30代女性に増えている原因不明の不調(shutterstock.com)

 近影の激太り(激やせ)は役作りか、なにかの病気が原因か? 一昔前ならばハリウッド級のスターがそんなやり玉にあげられた。

 しかし、ネットやSNSによる“一億総監視下社会”では、日本女優陣の美容管理に関する素人評もなかなか手厳しい。

 最近の例では池脇千鶴さん(34)の「激太り」や、夏帆さん(24)の「劣化」が騒がれたが、ご両人とも自ら疑惑を払拭する勢いで元通りに変身(!?)して、ファンをひと安心させた。

 このての変貌ぶりで最近騒がれたのが、真木よう子さん(33)。先月、現在公開中の映画『海よりもまだ深く』の初日舞台挨拶に登壇した彼女。シースルーのワンピース姿を評して、ネット上ではさまざまな憶測が呟かれた。

「鎖骨が行方不明」とまで揶揄されて

 いわく、「肝っ玉母ちゃん」「鎖骨が行方不明」「誰!?」など、さながら別人扱い。もっとも自らインスタグラムへの投稿も活発な真木さんの場合、昨年は激ヤセぶりが話題を呼んだばかり。痩せたり太ったりの推測論を綴る、“真木マニア”も少なくない。

 ただし、真木さんの美顔アップや流麗な全身が強調される衣装で毎回進行する、BSプレミアム『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』のナビゲーター姿を観ると、確かに「増量感」は否めない。

 しかも、この一年余りの彼女は話題に事欠かず、かねてから「格差婚」を囁かれてきた夫と昨年9月に離婚。

 今春の長女の小学校入学式には、元夫も連れ添って列席した一方では、4月には新宿歌舞伎町界隈でイケメンホスト溺れて一夜で「2000万円豪遊浪費」との噂も飛び交った。

 某美人女優の夫で有名脚本家との泥酔ショットが盗撮され、W不倫疑惑が浮上したのは4年前。最近も「継続中」が再び囁かれている事情を鑑みれば、役作りというよりも、その私生活の情緒不安定ぶりが激太り(激ヤセ)の原因と勘ぐられても仕方がない。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真