<カリスマ美容師>に「薄毛」はいない! ? 彼らには共通する<3つの生活習慣>が……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
55756019.jpg

<カリスマ美容師>の薄毛事情とは(depositphotos.com)

 男性美容が注目される昨今、メンズ用のスキンケアやコスメ商品は花盛り。この数年、売り上げも堅調だ。なかでも「薄毛」の悩みに関しては、<カバーする>から<甦らせる>時代に解決策が大きくシフトし、その注目度も高い。

 とはいえ、なにをどうしたら薄毛にならない、また改善できるのかイマイチわからない人は少なくない。ドラックストアやWebサイトではさまざまな薄毛対策商品が売られ、実際に購入して使ってみるものの、「肝心の効果は感じられない……」嘆く声は多いのが現実だ。

 その反面、<カリスマ美容師>と呼ばれる人には、薄毛がほとんどいない――という事実をご存じだろうか。

 私事だが、美容ライターとして20年間、延べ1000人以上の美容師と仕事をしてきた。その中でわかったこと。それは「売れてる美容師に限って薄毛ではない」という事実。

 「プロだから?」 いや、プロだって禿げます……。

 「若いから?」むしろ、40代、50代のほうがフサフサです! 

 では、なぜ薄毛やハゲがいないのか? 取材のたびにさりげなく生活習慣を尋ねていくと、共通する3つの生活習慣があった。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔