「ブーツが臭い」問題 原因の角質・雑菌・汗のムレ対策でニオイを改善

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブーツの季節の足のニオイ対策は? ニオイの3大原因は「角質」「雑菌」「汗のムレ」!の画像1

ブーツの季節の足のニオイ対策は?(depositphotos.com)

 ブーツを履いて、街角を颯爽と闊歩する女性たち。小寒い冬ならではの風物詩。飲み会でブーツや靴を脱いで座敷に上がる機会も増える……と、足の臭いが気になる季節でもある。
 
 <スメハラ>が認知されてきた昨今、汗をかく夏場は臭い対策を心がけている人も多い。だが、意外と気になるのは、冬場の臭い。当サイトでもこれまで、冬場の臭いやブーツを履いた足の臭いに関して紹介してきた。

 *関連記事【女性も20代後半からオヤジ臭(加齢臭)が発生! 換気が悪い冬こそ気をつけたい「体臭対策」とは?】【冬なのに体臭がキツく感じるのはなぜ? 女性の約78%が「冬でも男性のニオイが気になる」と回答】【タレントおのののか、足のニオイは“生ゴミ臭”〜ブーツ&ストッキングは男性よりも激臭5.8倍に!】

 ところで、なぜ足は臭うのだろうか? 

足のニオイの3大元凶<角質、雑菌、汗のムレ!

 まず、足の角質は厚いため、大量の垢に変化しやすい。足の皮膚に棲む大量の雑菌(常在菌)が垢を分解すると、イソ吉草酸(きっそうさん)などの脂肪酸を生成するので、あの「すえたニオイ」が発生する。

 また、足は体の中で最も汗腺が密集しているが、足に靴下やストッキングを重ね、さらに靴やブーツを履くと、足は高温多湿の「ムレ状態」となるため、雑菌がますます繁殖し、足のニオイの原因になる。

 つまり、足のニオイの3大原因は、角質、雑菌、汗のムレだ。特に冬でも足の裏に汗をかきやすい多汗症の人や、人前で汗をかく精神性の発汗に悩む人も少なくない。足のニオイは、実に悩ましい。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆