>  >  >  > 「男らしさ/女らしさ」の違いは何から生まれる?
シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第1回

乳児期は、男の子のほうがよく泣き、女の子のほうがよく笑うのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kodomorensai001.jpg

男らしさ/女らしさの違いは何から生まれる?shutterstock.com

 子どもは風の子! 元気な子どもほど、親を元気づけるものはない。産まれるや否や、這(は)えば立て、立てば歩めと心がはやる。スクスク育てば、夫婦の仲をとりもつ鎹(かすがい)になる。「三界の首枷(くびかせ)」と心配のタネにもなる。親は「焼け野の雉夜(きぎすよる)の鶴」とハラハラさせられる。「子の心親知らず」と無念も噛みしめなければならない。ともあれ、古今東西、子どもの成長は、親の生きがい、得がたい喜びであることに変わりはない。

 子どもでなかった大人はいない。だが、自分が子どもの時に、そのすごさをイメージすることなど思いもよらないことだ。親になり、子どもの成長を目の当たりにしてはじめて気づく。「子どもは、すごい!」と。

 シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」は、「大人と子ども、なぜどこがどう違うの?」という素朴な出発点に立ち、知っているようで知らない、分かっているようで分からない、子どもの心と体の不思議をひも解こうと思う。今回は、「男らしさ、女らしさは生まれつきなの?」をテーマに話そう。なお、このシリーズでは、生後約1ヶ月までを新生児、1年未満を乳児、小学校就学までを幼児と呼ぶ。

男女差は子どもの行動や性格に影響を及ぼしているのか?

 性は2種類ある。男と女という生物学的な性差(セックス)と、男らしさと女らしさという社会的・文化的な性差(ジェンダー)だ。生まれつきの男女差と育て方・育ち方の差と言ってもいい。

 女の子はお人形さんが好きで、男の子は自動車が好きだ。これは親の子ども育て方の結果と考えられてきた。たが、最近の小児科学の研究によれば、生まれつきの男女差は、子どもの行動や性格に影響を与えることが分かってきた。

若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘