>  >  >  > 「男らしさ/女らしさ」の違いは何から生まれる?
シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第1回

乳児期は、男の子のほうがよく泣き、女の子のほうがよく笑うのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kodomorensai001.jpg

男らしさ/女らしさの違いは何から生まれる?shutterstock.com

 子どもは風の子! 元気な子どもほど、親を元気づけるものはない。産まれるや否や、這(は)えば立て、立てば歩めと心がはやる。スクスク育てば、夫婦の仲をとりもつ鎹(かすがい)になる。「三界の首枷(くびかせ)」と心配のタネにもなる。親は「焼け野の雉夜(きぎすよる)の鶴」とハラハラさせられる。「子の心親知らず」と無念も噛みしめなければならない。ともあれ、古今東西、子どもの成長は、親の生きがい、得がたい喜びであることに変わりはない。

 子どもでなかった大人はいない。だが、自分が子どもの時に、そのすごさをイメージすることなど思いもよらないことだ。親になり、子どもの成長を目の当たりにしてはじめて気づく。「子どもは、すごい!」と。

 シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」は、「大人と子ども、なぜどこがどう違うの?」という素朴な出発点に立ち、知っているようで知らない、分かっているようで分からない、子どもの心と体の不思議をひも解こうと思う。今回は、「男らしさ、女らしさは生まれつきなの?」をテーマに話そう。なお、このシリーズでは、生後約1ヶ月までを新生児、1年未満を乳児、小学校就学までを幼児と呼ぶ。

男女差は子どもの行動や性格に影響を及ぼしているのか?

 性は2種類ある。男と女という生物学的な性差(セックス)と、男らしさと女らしさという社会的・文化的な性差(ジェンダー)だ。生まれつきの男女差と育て方・育ち方の差と言ってもいい。

 女の子はお人形さんが好きで、男の子は自動車が好きだ。これは親の子ども育て方の結果と考えられてきた。たが、最近の小児科学の研究によれば、生まれつきの男女差は、子どもの行動や性格に影響を与えることが分かってきた。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太