シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」連載4回

虫よけ剤に含まれる農薬「ディート」に注意! 日焼け止めと化学反応を起こし意識不明に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GUNJI03.jpg虫よけ剤と日焼け止めの併用は危険

shutterstock

 本格的な蚊の季節が到来しました。そこで心配なのが、昨夏、大騒ぎになった「デング熱」でしょう。とりわけ小さなお子さんがいる親御さんは、夏休みを目前にして頭を悩ましていることだと思います。

 デング熱は昨夏、約70年ぶりの国内感染が東京都・代々木公園で確認され、その後、感染者は162人まで拡大しました。人から人へは感染しませんが、3~7日後に高熱が出るケースが多く、腹痛、筋肉痛、皮膚の発疹を伴います。普通は1週間ほどで自然に回復しますが、まれに吐血や血尿などの症状がでる「デング出血熱」を発症すると死に至ることがあります。蚊に刺されてから3~7日後に、高熱に加え関節の痛みなどが出たら、すぐに医療機関で治療を受けることです。

 対策は、当たり前ですが蚊に刺されないこと。子どもの外出時は、長袖、長ズボンを着用させ、肌の露出を避ける。黒っぽい服は蚊も含め虫を集めるので、白などの薄い色の服装にする。また、小学校の高学年生になると香水やヘアスプレーを使っている子もいますが、これらの匂いは虫や蚊(とくに蜂)を刺激します。

アメリカとカナダでは子どもへの使用が禁止されている

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛