病院で病気をもらわないために……子どもに待合室のぬいぐるみは触らせないで

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病院で病気をもらわないためには……子どもに<待合室のぬいぐるみ>は触らせないでの画像1

小児科待合室のぬいぐるみには触らないほうが無難(depositphotos.com)

 2~3時間待ちは当たり前――これは人気アイドルの握手会ではなく、風邪のシーズンに小児科で診察を受けるまでの待ち時間である。

 待合室の中には咳(せき)が止まらない子、ぐったりして涙目の子……比較的元気であちこち歩き回っている子もいる。親が「とりあえず医師に診せておこう」と思って子どもを連れてきたのだろう。

 混雑する小児科の待合室に長居することのデメリットは、時間を無駄に過ごしてストレスがたまるだけではない。待合室の中に充満する「ウイルス」や「細菌」といった病原体によって、子どもたちが別の病気に感染するリスクが高まるのだ。

 米国小児科学会(AAP)では、外来施設での感染症を防ぐためにさまざまな対策を発表している。

 当サイトの読者も、子どもを病院に連れて行く前に次の2つを天秤にかけてほしい。感染症リスクの高い場所にわざわざ子どもを連れて行ってまで、医師の診察を受けたほうがいいのか、自宅でゆっくりと症状の経過を見守っているほうがいいのか……。

おもちゃは自宅から持参したほうがいい

 長い待ち時間の暇つぶしをするため、小児科のクリニックではおもちゃや絵本が用意されている。こうした備品、特にぬいぐるみは、子どもに触らせないほうがいいのかもしれない。

 米国小児科学会は10月23日、「清潔にし続けることが難しい、ぬいぐるみなどのおもちゃは病原菌を媒介する可能性がある。患者には自宅からおもちゃを持って来てもらうほうがよい」などの声明を発表した。

 声明では、待合室のおもちゃについて、以下の対策を勧めている。

○患者の家族には自宅からおもちゃや絵本を持って来ることを勧め、複数の子どもが待合室のおもちゃを共有する機会を減らす。

○おもちゃが使用されるたびに洗うのが理想的だが、毎日、診察時間が終わったら清潔にすることも許容される。

○おもちゃは石けんを使用して汚れを洗い流した上で消毒して乾燥させる。

○ぬいぐるみなどは清潔に保つことが難しいため望ましくない。

 さらに、米国小児科学会は咳やくしゃみのエチケット、そして手指衛生の重要性についても強調。小児科医に対し、咳やくしゃみが出そうになった場合は、「手」ではなく「ひじ」で鼻や口を覆うことを求めるポスターなどを掲示し、待合室にマスクやアルコールベースの消毒剤を用意しておくように勧めている。

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆