「フッ素」「キシリトール」が子どもの歯を守る? 知っておきたい活用法とデメリット

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「フッ素」「キシリトール」が子どもの歯を守る? 知っておきたい活用法とデメリットの画像1

子どもの歯の守り方は?(depositphotos.com)

 赤ちゃんの口には「虫歯菌」がいないことを知っているだろうか? 小さい子どもが虫歯にかかるのは、実は母親や周囲の人間から「感染」するせい。スプーンやコップを共有する、口にキスをするといったことで菌は感染する。

……と、ここで赤ちゃんの可愛さに負けてチューした記憶を持つ人は罪悪感にかられるかもしれない。だが、虫歯菌と戦う術はある。安心してほしい。

虫歯をつくるのは「ミュータンス菌」

 口の中に存在する細菌の働きにより歯が柔らかくなり、ついには崩壊してしまうのが「う蝕」、つまり「虫歯」だ。

 虫歯の原因となる細菌が「ミュータンス菌」だ。ミュータンス菌は唾液を介して感染し、歯に残った糖分を餌に、酸を作りだすことで虫歯をつくる。一度口の中へ入ってしまえば生涯常駐するミュータンス菌だが、その餌をなくしてしまえば菌は数を増やすことができず、結果、歯を溶かす力も弱まる。

 この細菌をコントロールすることで虫歯を予防することが可能となる。

 虫歯菌と戦うのに最も有効なのは「歯磨き」や「歯間掃除」の物理攻撃だ。虫歯菌が酸を作る場所は「プラーク」や「バイオフィルム」と呼ばれる歯の表面にできるネバネバ。これを丁寧にブラッシングで取り除き、菌の住む場所をなくしてやれば、虫歯にならないというわけだ。

歯磨きや歯間掃除は睡眠前に効果がある

 歯磨きは、乳歯の生え始める6カ月頃から始められる。このときは歯ブラシではなく、お湯や水で濡らしたガーゼや綿棒を使い、歯の汚れを拭き取るだけでいい。

 口の中を触られることに慣れさせることで、いずれ開始する歯磨きの練習になる。歯ブラシを使ったケアを始める目安は、上下の前歯4本ずつが揃う頃。最初は赤ちゃん用の歯ブラシで軽く触れる程度でかまわない。

 乳歯が生えそろう2歳後半から3歳前半、スプーンなどを持てるようになった頃合いで、歯ブラシを自分で持たせる。最初はまだ上手に磨けないので、親が仕上げをする必要がある。

 歯と歯の間をきれいにするには、歯間ブラシ(デンタルフロス)を使う。使い始める頃合いは、歯磨きと同じ2歳後半頃から。

 乳歯は将来の永久歯のために、いわゆる「すきっ歯」状態になっており、食べカスが入り込みやすくなっている。子どもの虫歯は、奥歯のほか、歯間にできることも多いので、仕上げ磨きの後に行う。

 歯磨きや歯間掃除は毎食がベストだが、虫歯ができやすいのは夜眠っている間なので、寝る前にしっかり手入れをすれば効果がある。

 虫歯予防に最適な歯磨きと歯間掃除だが、磨き残しなど、不安が残る向きもあるだろう。そのときには、物理攻撃をサポートする「補助攻撃」を選択しよう。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真