『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾の画像1

『うんこ漢字ドリル』ヒットの裏で……(depositphotos.com)

 『うんこ漢字ドリル』(文響社)が売れている――。「日本一楽しい漢字ドリル」と銘打って今年3月に発売。なんと、この出版不況下にあって、発売後約2カ月で発行部数148万を記録したとか。

 例えば読みの練習問題として「田(た)んぼの どまんなかで うんこを ひろった」「火(ひ)で あぶった うんこを どうぞ」(どちらも小学1年生例文)と、覚える漢字を全て「うんこ」を交えた例文にしたドリルだ。退屈になりがちな書き取りを興味を持ってできることが、ベストセラーになった最大の要因だろう。

 このドリルだけではない。昨今、「うんこ」の字を目にすることが多くなったのではないだろうか? 本来ならば忌避するべき排泄物に、「市民権」が得られるようになったと思うのは気のせいか?

誰もが通る「うんこ」の道

 当然のことだが、人は「うんこ」をする。排泄行為は死ぬまで続くわけだが、生まれてからの数年間は、特に密な関係性にあるといえる。

 例えば、新生児――。新生児はおしっこの回数が多く、2~3時間おきにおむつを替えることになる。おむつ替えには大抵「おしっこ出たね」などと声を掛けられるものだ。また、病気になっていないかの判断のため、親は我が子の排泄物を入念に観察する。母子手帳などにある『便カラーカード』と見比べてみて、「いいうんちが出た」と評価する場面もあるだろう。

 あんよができるようになれば、おむつ卒業の前準備としてトイレやうんこの絵本を読み聞かせ始めるし、おしゃべりができるようになれば「うんち、出た」と言うように推奨する。本格的にトイレトレーニングが始まれば「トイレ行く!」の一言で、親は大げさに喜んでみせるのだ。

 かくも、この幼児の頃までというのは、「おしっこ」や「うんこ」への親和性が高い。

 そうして、就学前後――。これまでの刷り込みの効果が表れる。なににつけても「うんこ」を連呼する親の頭が痛くなる時代がやってくるのだ……。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆